Premier League

コウチーニョのプレースタイルについて!ミドルシュートの凄さも解説!

Coutinho Goal / Dean.Jones

編集長

ストークシティ対リバプールの開幕戦は観たかな?

ナベ

コウチーニョのミドルシュート凄かったですね~

試合の内容的にはイマイチだったけど、このコウチーニョのゴールはやっぱりすごかった!

今回は、コウチーニョのプレースタイルやミドルシュートについてのはなし。

 

スポンサードリンク

 

コウチーニョのプレースタイル

リバプールのブレンダンロジャース監督は、短いパスをつなぐサッカーを志向しており、コウチーニョのテクニカルなセンスは、そのスタイルにマッチしています。

パスをつなぐサッカーとえいば、バルセロナですが、コウチーニョのプレースタイルは、バルセロナでも力を出すことができるといわれています。

コウチーニョは、左サイドのミッドフィルダーとして起用されることが多かったけど、2015-16シーズンはトップ下で起用されることが多くなりそうで、ドリブルと攻撃的なセンスに優れた彼のプレースタイルがより活かせるでしょう。

2015-2016シーズンの起用法について

開幕戦のストークシティ戦での起用をみると、左にララーナ、右にアイブ、真ん中にコウチーニョ

コウチーニョの後ろには、ヘンダーソンとミルナーがおり、守備の負担も軽くなり、より攻撃に集中できるポジショニング。

コウチーニョは、ベンテケをトップにして、縦関係になって、ポジションをとっていました。

周りの選手の運動量が多いので、その分コウチーニョは真ん中にいて、ボールを受けるようになっています。

コウチーニョがひとたびボールを受けると、ベンテケに対してスルーパスを出すことありました。

ワンツーなどの細かいパスをつないで、攻撃の起点になることもできていました。

 

昨シーズンのリバプールは、スターリングいて攻撃の中心となっていましたが、今シーズンはコウチーニョがリバプールの攻撃を支えていくことになるでしょう。

コウチーニョは、ドリブルのセンスに優れ、ボールをさばくテクニックは申し分ありません。

なので、今シーズンはよりコウチーニョのプレースタイルを堪能することができそうですごく楽しみ。

不安なところは?

ただ、今のところコウチーニョに変わる選手がいないので、リバプールはコウチーニョがいないときどうするのか?不安なんですが…

 

リバプールにとってコウチーニョの調子がすごくつながっているように思います。

そこは、ロジャース監督の手腕に期待したいところですが…

【関連記事】フィルミーノのプレースタイル!リヴァプールで輝けるのか?

スポンサードリンク

コウチーニョのミドルシュートはテクニックが凝縮されている!

正直いって、ストークシティとの開幕戦は見どころが少ない試合でしたが、コウチーニョがやってくれました。

いや~あの豪快なミドルシュートはスーパーゴールでした。

ゴールの凄さを解説!

コウチーニョは、ジョーゴメスからパスを受けるとき、ストークの選手のプレッシャーを背後に受けていました。

しかし、ファーストタッチをすると同時に、体をうまく反転する動きでプレッシャーをかわしました

何度も再生してみたけど、この動きはなかなかマネできないと思います。

普通だったら、ボールを止めて、体を反転してという動きなりますが、コウチーニョはこの動きが同時にできていたんです。

そこかから、一瞬でスピードを上げて、きれいな弾道でシュートを決める。

数秒間の出来事のなかに、コウチーニョのテクニックが詰まっていました。

 

クロップの戦術がリバプールでみえてくるのはまだ先?

 

二桁得点を期待しよう!

ただ、このゴールは決して偶然ではないし、これから何度も見ることができると思うんです。 昨シーズンのマンチェスター・シティ戦でみせてくれたゴールのように。


このシュートをみるとコウチーニョに対する期待感が増してしまいます。

コウチーニョは、今シーズンは二ケタゴールは間違いないでしょう!

あとは、引き抜かれないようにして欲しい…

 

スポンサードリンク

 

保険見直しで月額いくら節約できると思いますか?