サッカー

ダグラスコスタのプレースタイルやポジションについて!

Audi Cup 2015 / AudiAG

2015-2016シーズンのブンデスリーガが開幕し、バイエルン・ミュンヘン対ハンブルガーSVの試合をみました。

この試合でもっとも気になった選手が、ダグラスコスタ

縦への突破が早いし、3点目のミュラーのゴールをアシストするキックも凄った。

というわけで今回は、ダグラスコスタのプレースタイルやポジションについてです。

 

スポンサードリンク

 

ダグラスコスタのプレースタイル

ダグラスコスタは縦への突破はが早いのが特徴。

シャフタールで4年間も活躍し続けたのが分かる気がしました。

シャフタールといえば、前線にテクニックのあるブラジル人選手を置いて、縦への早い攻撃が印象あります。

ダグラスコスタのシャフタールでのプレーはみたことがないけど、きっとシャフタールにはすごく合っていた選手なんだろうなと想像できます。

 

足が早いので、前にスペースがあれば、ダグラスコスタの独壇場となるでしょう。

サイドラインギリギリでもボールに追いつくことができるし、ボールがラインの外に出そうでも油断できないです。

ただ、ロッベンのようにドリブルで突破していくというようなタイプの選手でなないように思います。

 

5点目のゴールシーンでは、右45度から、逆サイドへカーブをかけて、DFの間を抜くシュートでした。

このシュートをみてもテクニックもありそうです。

まだ、1試合しか観ていないけど、バイエルンに楽しみな選手が入ったなと思いました。

 

 

 

   

スポンサードリンク
 

ダグラスコスタのポジション

ダグラスコスタは、開幕戦のハンブルガーSVとの試合では、左ウイングとして先発していました。

でも、後半になると右サイドでもプレーすることがあり、割と柔軟にポジションを変えることができるようです。

ダグラスコスタの利き足は、左なので、左サイドでのプレーが得意なんだと思います。    

 

バイエルン・ミュンヘンが3点目を取ったシーンは、ダグラスコスタが右サイドでボールをもらって、ミュラーへのクロスでした。

そのクロスも、左足のアウトにかけての浮き球を簡単にあげていたようにみえました。

このプレーをみても右サイドでも問題なくプレーできるし、右足でのクロスもいいものを持っています。

なので、ポジションは、左右のウイングとして活躍できそうです。

 

  ロングボール戦術をバイエルンがやれば進化にみえるのはなぜ?  

まとめ

バイエルン・ミュンヘンには、リベリーが同じポジションにいますが、ケガから帰ってきて、リベリーのポジションがあるか分からないという感じです。

それに、ロッベンがケガをして離脱したとしてもダグラスコスタがいれば問題なさそうです。

それにしても、今シーズンのバイエルン・ミュンヘンも強そう。

 

スポンサードリンク