サッカー

コンパニのプレースタイル!キャプテンの自信を取り戻せるのか?

Vincent Kompany / Mike Serigrapher

ヴァンサン・コンパニ(Vincent Kompany)は、マンチェスター・シティ、ベルギー代表でもキャプテンとして活躍しています。

かつては世界でも最高峰のセンターバックともいわれたコンパニですが、2014-15シーズンは不調で、らしさを失ってしました。

しかし、2015-16シーズンは、コンパニの好調さがうかがえます。

今回は、ヴァンサン・コンパニのプレースタイルやキャプテンとしての自信について語ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

コンパニのプレースタイル!

コンパニのプレースタイルの特徴は、センターバックとしてのフィジカルの強さはいうまでもありませんが、最終ラインからのパスがうまいことです。

ヘディングも強烈で、セットプレーで得点をとることも少なくありません。

また、コンパニはキャプテンとしては、いつも冷静で威厳があり、ピッチ上のリーダーとしてもチームを支えています。

ナベ

コンパニは最終ラインにどしっと構えるタイプのディフェンダーじゃないですよね。自らボールを奪いにスライディングをしているのが印象に残るんです。

タカハシ

そうだね。コンパニの守備をみていると積極的ボール奪取をしようと分かる。ボールを奪えなかったら、失点になりかねないんから、スライディングにはそうとう自信があると思うんだ。

ナベ

頑丈そうな体をしているから、コンパニが迫ってきたら怖いでしょうね。コンパニがボール奪取すれば、逆にチャンスになりますね。

タカハシ

ボールを奪ったら、パスも出せるし、攻撃の起点になるよね。ここはコンパニが意識していることじゃないかな?ロングボールじゃなくて、前線への鋭い縦パスがすごくいいと思うんだ。

ナベ

コンパニには展開力もありますね。それから、パスをするだけじゃなくて、攻撃参加で一気にペナルティエリア付近までいくこともあります。

タカハシ

コンパニのプレーをみていると最終ラインよりも1列前でも無難にやれそうな気がしてきた。攻撃参加もあるし。

ナベ

コンディションの維持さえできれば、やっぱりすごいディフェンダーなんですけどね~(笑)。

 

スポンサードリンク

 

キャプテンとして自信を取り戻せるのか?

2014-15シーズンは、ケガの影響もあって調子が上がらなかったコンパニ。

でも、今シーズンは開幕から連勝し、4試合で失点0。

コンパニは、得点もあげていて、攻守でシティを支えていて、かつての自信を取り戻しているようです。

ナベ

シティが優勝したときのコンパには最強のセンターバックって気がしていました。でも、昨シーズンは信じられようなミスが多かったですよね。リヴァプール戦のときはそれが目立ちました。コウチーニョに簡単にボールを奪われたりしてました。

タカハシ

昨シーズンはケガの影響が大きかったんだろうね。復帰してからも本来の動きではなかったし、調子があがらないままシーズンを終えた感じだったよね。

ナベ

でも、今シーズンは調子が良さそうですね。

タカハシ

シティは補強した選手がうまく機能しているし、チームとして自信になっているんだろうね。とうぜん、キャプテンとしてのコンパニの自信にもつながっていると思うんだ。

ナベ

シティは昨シーズン、ストークやハルにホームで勝ち点を取りこぼすこともありましたが、今シーズンはどうでしょうね?

タカハシ

今シーズンのシティは下位チーム相手でも油断しないじゃないかな?中盤の選手も積極的に守備をするようになっているし、ここは昨シーズンと違うところだよね。それにコンパニのキャプテンとしての輝きが戻れば、メンタル的にも強くなりそう。

 

 

ナベ

コンパニの安定したプレーはマンガラにもいい影響を与えていますよね。

タカハシ

なので、コンパニがケガをせずに好調を維持できたら怖いよね。

スポンサードリンク