サッカー

マティアスギンターのプレースタイル!ドルトムントで飛躍中?

HG15 / mdcam2012

マティアスギンターは、2014年7月に、フライブルクからドルトムントにやってきた21歳の若手ディフェンダー。

トゥヘル監督が就任してからは、右サイドバックとして、ドルトムントを支えています。

今回は、ギンターのプレースタイルやドルトムントで飛躍していることについて語ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

マティアスギンターのプレースタイル

マティアスギンターのプレースタイルの特徴には、ディフェンシブなポジションだったら、どこでもできる器用さがあることです。

ポジションの優先順位としては、センターバック、ディフェンシブな中盤、右サイドバックでしょう。

 

ナベ

ギンターは対人の守備が強くて、本職はセンターバックですよね。

タカハシ

そうだね。右サイドバックは、トゥヘル監督のアイディアなんじゃないかな?ピシュチェクとドゥルムがケガでいなくなってから、ギンターは起用されるようになったね。

ナベ

ギンターは右サイドでもポジショニングがいいし、展開力もありますよね。サイドからのクロスもいいですね。

タカハシ

いいアシストもできるから、攻撃のピースとしても成り立っているよ。いいところにいるのも中盤としもやれるから、展開の読みがいいんだろうね。

ナベ

ドルトムントが攻撃しているときは、けっこう高い位置にいるけど、ちゃんとディフェンスができていますからね~。攻撃では縦へ突破するだけじゃなくて、中へ入ってきてボールをさばく動きもありますね。

 

 

タカハシ

ギンターをみているとサイドバックに慣れていないとは思えない動きだね。将来的にどこまで伸びるんだろう?たのしみな21歳だな~。

 

スポンサードリンク
 

ギンターはドルトムントで飛躍中?

ナベ

トゥヘル監督は、ギンターをうまく機能させていますね。

タカハシ

タッチ数の少なさから生まれるテンポがトゥヘル監督の魅力でもあると思うんだ。左サイドからクロスに対して、ワンタッチで返すギンターのプレーをみているとそんなことを感じてしまう。

ナベ

香川真司が逆サイドに大きくボールを振って、それをギンターがワンタッチで合わせてゴールをアシストすることもありますからね。

タカハシ

これって相手に気づかれないように上がってきて、走りながら、ワンタッチで返すこともあるだろうし、読みと技術がないとうまくできないと思うよ。チーム練習で繰り返しやっていることだろうけど、これができるからトゥヘル監督の評価も高いんだろうね。

 

ナベ

ギンターはこれからもドルトムントで飛躍し続けることは間違いないですね。今後は、ドイツ代表でも右サイドバックとして起用されるんじゃないですか?

タカハシ

9月の代表2試合ではカンがやっていたけど、あまり評価は高くなかったからね~。ドイツ代表でも機能して欲しいよね。

スポンサードリンク