サッカー

バルサが2016年冬の移籍で補強するポイントは?

バルサが2016年の冬に移籍が解禁となります。

今シーズンの試合をみているとメッシやイニエスタの怪我もあり、選手のやり繰りは大変そうでした。

バルサの補強ポイントはどこになるんでしょうか?

スポンサードリンク

2016年冬の移籍で補強するポイント

 

バルサはメッシが戻ってきて、イニエスタのコンディションがあがってくれば、スタメンのメンバーは揃います。

ベストメンバーでやれれば補強の必要はないんでしょうが、バックアップメンバーは手薄な感じでです。

補強するポイントはここだと思います。

メッシ不在の影響

メッシが9月に怪我をしてしまい戦線離脱しました。

やはりこの穴を埋められる選手がいないんです。

もちろん、メッシの代わりを探すのは無理なんですが、ムニルやサンドロにはまだ荷が重い

 

ネイマールやスアレスが調子が良く、この二人がメッシ不在のバルサの攻撃を支えています。

若手のムニルやサンドロにとってチャンスだったけど、若手二人が活躍して勝利に貢献する場面は少ない印象。

ペドロ・ロドリゲスをチェルシーに放出してしまったのが、痛いです。

 

ペドロがいれば、ネイマールやスアレスにかかる負担も軽減できたでしょうね。

やはり、ペドロの代わりになる選手が第一の補強ポイント

 

噂になっていたのがセルタのノリートなんですが、どうやら獲得は難しそう。

バルサは冬の移籍でも使える予算が限られているんです。

FFP(ファイナンシャルフェアプレー)の影響があって、この記事によれば冬の補強予算は1,000万ユーロだそうです。

日本円で13億円くらい。

移籍金を支払って選手を獲得するは難しそう。

 

ノリートを獲得するためには1,800万ユーロともいわれていて、やはり無理?

元オランダ代表で現在はフェイエノールトにいるカイトも移籍候補になっていると噂があるんです。

カイトみたいな選手が今のバルサの予算で獲得できるんでしょうか?

スポンサードリンク

イニエスタの影響

イニエスタは第11節ビジャレアル戦で復帰しましたが、現在31歳になっていて怪我が多いです。

イニエスタがいないときは、ブスケツとラキティッチが2列目の中盤でアンカーにマスチェラーノになったりしていました。

ダニエウ・アウベスが復帰してからは、右サイドバックをやっていたセルジ・ロベルトが本来の中盤に入りイニエスタの穴を埋めていました。

 

ビジャレアル戦では、イニエスタ、セルジ・ロベルト、ブスケツで中盤を構成。

イニエスタが復帰しても今度はラキティッチがチャンピオンズリーグで負傷してしまいました。

イニエスタ、セルジ・ロベルト、ブスケツ、ラキティッチで中盤をやり繰りできれば、いいんでしょうが、誰かが怪我でいなくなるとバルサの中盤は手薄になってしまいますね。

 

マスチェラーノも中盤に加えようと思えばできますが、不安定になるんです。

ブスケツも2列目よりもアンカーの位置のほうがいい動きをしています。

 

今のバルサは中盤はギリギリでやり繰りをしているように思えるし、ここにうまい補強ができればいいです。

交代で出場するメンバーをみても何かを変えられるという選手は、ベンチをみてもいません。

チャビが抜けてしまったのも痛いですね。

中盤を手厚くするのも補強ポイントになるでしょう。

 

バルサ移籍の噂になっているのは?

バルサの移籍の噂になっているのはどんな選手なんでしょう?

 

 

ドルトムントのヴァイグルも噂になっていましたが、1月の移籍では実現しないでしょう。

将来的にはあってもおかしくはないですが・・・

ユリアンヴァイグルのプレースタイル!ドルトムントで輝けるか?

あとはパトの名前も気になりました。

 

限られた予算の中でバルサは補強しないといけないので派手な移籍はなさそう。

でも、裏ワザがあって思わぬ大物選手の獲得があるかもと期待はあるんですが・・・

スポンサードリンク

バルサの関連記事

セルジロベルトのプレースタイル!バルセロナでの将来性は?

セルヒオブスケツのプレースタイル!インサイドは不向き?

マスチェラーノのプレースタイル!最適なポジションはどこ?

保険見直しで月額いくら節約できると思いますか?