Premier League

レスターシティが首位になってこの勢いで優勝するのか?

プレミアリーグに異変?

15-16シーズンは第13節までが終わって、レスター・シティが首位になっています。

異変と表現するとレスターのファンに怒られてしまいそうですが、勢いがいつまで続くのか気になります。

スポンサードリンク

3分の1消化で首位だったチームの最終順位

13節が終わって、8勝4分1敗、勝点28、2位のユナイテッドに1ポイント差をつけて首位。

11月半ばあたりで、プレミアリーグは3分の1くらいを消化するんですが、この時点で首位になっていたチームの最終順位はどうなっていたのか?

過去の10シーズを調べてみました。

 

2014-15

チェルシー 10勝3分0敗 勝点33 最終順位1位

2位はマンチェスター・シティ、勝点27で追いかけていましたが、チェルシーの勢いは衰えることなく優勝しました。

モウリーニョ監督の2年目で、チェルシーが強かったシーズンですね。

 

2013-14

アーセナル 10勝1分2敗 勝点33 最終順位4位

優勝したのは勝点25で3位だったマンチェスター・シティ。

 

2012-13

マンチェスター・ユナイテッド 10勝0分3敗 勝点30 最終順位1位

2位はシティで勝点29でしたが、最終的には11ポイント差でユナイテッドが優勝。

 

2011-12

マンチェスター・シティ 12勝2分0敗 勝点38 最終順位1位

ユナイテッドが5ポイント差で2位で、最終節まで優勝を争っていました。

追加タイムのアグエロのゴールで劇的な勝利だったのを覚えています。

 

2010-11

チェルシー 9勝1分3敗 勝点28 最終順位2位

アーセナルが2ポイント差で2位でしたが、優勝したのは勝点25で3位だったマンチェスター・ユナイテッド。

ユナイテッドは最終的にはチェルシーに9ポイント差をつけていました。

 

2009ー10

チェルシー 12勝0分2敗 勝点36 最終順位1位

マンチェスター・ユナイテッドが勝点31で2位。

最終的にユナイテッドには1ポイント差でしたが、チェルシーが優勝。

 

2008ー09

チェルシー 10勝3分1敗 勝点33 最終順位3位

同じ勝ち点でリヴァプールが2位でしたが、優勝したのは勝点25で3位だったマンチェスター・ユナイテッド。

最終的にユナイテッドは、2位リヴァプールに4ポイント、3位チェルシーには7ポイントの差でした。

 

2007ー08

アーセナル 10勝3分0敗 勝点33 最終順位3位

優勝したのは、このとき2位だったマンチェスター・ユナイテッド。

アーセナルは、チェルシーにも抜かれてしまっていました。

 

2006-07

マンチェスター・ユナイテッド 11勝2分1敗 勝点35 最終順位1位

このときの2位は勝点32のチェルシーで最終順位も2位でした。

3位とは15ポイントもあり、ユナイテッドとチェルシーが優勝を争っていました。

 

2005-06

チェルシー 12勝1分1敗 勝点37 最終順位2位

2位は10ポイント差があったマンチェスター・ユナイテッド。

しかし、ユナイテッドは最終的にチェルシーに6ポイント差をつけて優勝。

スポンサードリンク

レスターに過去のデータは当てはまるのか?

およそ3分の1を消化して首位だったチームが、優勝しているケースは5回ありました。

逆転で優勝していたのはマンチェスター・ユナイテッドが多かったです。

ファーガソン監督時代のことでしたが、やはり中盤から終盤にかけての追い上げがすごかったです。

 

この時点で首位で優勝できなかったチームは、最終的には4位以内で終えています。

このデータからするとレスター・シティはチャンピオンズリーグ圏内で終える可能性もあるんですね。

 

レスターにこのデータが当てはまるのか?

というのは、11月半ばで首位になっていたチームは、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナルというプレミアリーグでも優勝経験があり、実績があるんです。

レスターは過去の実績面で足りないんですが、ブラックバーン・ローヴァーズのようなことが起こるかもしれません。

 

ブラックバーンは、1994-95シーズンに優勝していました。

イングランドがフットボールリーグからプレミアリーグになって、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル以外で優勝した唯一のチーム。

フットボール時代に優勝経験はありますが、それは100年くらい前のことなんですね。

 

ブラックバーンは、3分の1を消化した14節で、2位。

そして、ずっとその順位を維持しながら、最後は優勝。

レスターの勢いとはちょっと違いますけど、中盤から終盤にかけては似たようなことになる可能性も。

 

このときのブラックバーンには、アラン・シアラーが得点王になって優勝に導きました。

レスターには、ヴァーディーがいてチームを牽引しているので、こんなところは共通点もあります。

なので、レスターが今の勢いのまま終盤までいって優勝争する可能性もあります。

優勝しなくてもこの勢いが終盤まで続けば、プレミアリーグはおもしろいことになります。

スポンサードリンク