保険見直し

保険見直しラボの無料相談を体験した感想!プラスになる話で満足!

こんにちは、タカハシです。

ベテランFPが揃っていると評判の保険見直しラボで保険の無料相談を試してみました。このまま見直しをしなかったら恐ろしいことになっていたし、早く今の問題点に気づけて良かったというのが、率直な感想ですね。

面談は相談と提案が別日になっていて、それぞれ2時間くらいじっくりと話を聞くことができました。今回は、保険見直しラボの面談申し込みから、現在加入の保険の問題点などを相談したことまでを記事にしてみました。

⇒無料で診断!保険見直しラボの予約はこちら!


保険見直しラボの相談申し込みから面談当日まで

保険見直しラボの無料相談予約は、WEBから申し込むことができます。申し込みフォームに必要事項を記載して、第二希望まで面談日時を指定して、予約完了でした。

早い日時だと、3日先から可能のようですが、僕はスケジュールの都合もあり、1週間先の日時を選択しました自分の予定が分かっていれば、2分程で記入できるので、電話するより早いし簡単でした。

それから、土日でも相談は可能です。僕は平日に来ていただきましたが、土日の方が予約が多くて忙しいと担当の方は言っていました。

 

申し込みをすると、予約の確認と予約の確定が申し込みフォームに記載したメールアドレスに届きました。その後、担当者の紹介のメールが届き、前日の夕方くらいに担当者から面談の確認の電話がありました。

そして、当日にこれから行きますと電話連絡があり、訪問という流れですね。

 

細かく確認の連絡があるために、「本当に来てくれんだろうか?」という不安がなく、無料相談の日を迎えることができました。時間も予定通りの到着でした。

余談ですが、事前連絡では「車で来るので駐車場はありますか?」ということを聞かれました。あれば、あることを伝えればOKだし、仮になくても、近くの駐車可能なスペースを確保して来てくれるそうです。

⇒たったの2分で完了!無料相談の予約はこちら

保険見直しラボのコンサルタントはどんな方?

保険見直しラボは、総合保険代理店である株式会社Jリスクマネジメントの中にある部署の一つだそうです。全国各地に60の支社があり、今回、相談に来てもらったのは熊本支社の方でした。

僕は外部に委託または提携している熊本の保険代理店の方が、保険見直しラボからの要請があって、やってくるんだろうなと思っていましたが、違っていました。他の無料相談では外部委託のところもあるそうです。

 

担当のコンサルタントは、ファイナンシャルプランナーの資格を持っている50代くらいの男性の方で、保険に対する自分なりの信念をしっかりと持っている方でした。

実は、お客さんより、会社の利益になるような保険しか販売しない某生命保険会社もある。たまに、そんな保険会社の営業マンと交流すると意見が対立して喧嘩になってしまう」と言っていたのが、印象的でした(笑)。

相談内容やアドバイスは?

初回相談では、保険の基礎的な説明と僕が入っている保険の内容確認と問題点の洗い出しがメイン。そして、僕状況をヒアリングした結果を一度持ち帰って、2度目でどんな保険が最適なのかを提案してもらうという流れになりました。

もちろん、提案を受けるのは希望があればということなので、相談だけで終わりということもあるそうです。

 

僕が現在加入している保険の内容を見てもらって、担当コンサルタントから指摘を受けたのは、主に次の3点。ちなみに僕は、担当コンサルタントの喧嘩相手になっている某国内生命保険の10年更新型に加入しています(笑)。

 

  1. 10年ごとに更新があって保険料が高くなっていくので払えなくなるときがくる
  2. 障がい・介護状態になったときの特約の条件が厳し過ぎる
  3. 先進医療保障特約の保険料の払われ方を確認した方がいい

 

10年ごとに更新があって保険料が高くなっていくので払えなくなるときがくる

これまで保険の見直し相談を他の会社でもいてるですが、これはいつでも言われることです。8年後の次の更新のときまでは、払える可能性があるが、60代になって一番病気のリスクが増えるときに、保険料が払えなくなって、加入中の保険を辞めざるを得ない状況になるそうです。

月額5万円以上になる可能性もあるので、余程のお金に余裕がある人じゃないと続けられないと言われました。大手の国内生保がやっている売り方だそうです。

 

こんな保険だと問題になるのでは?」と尋ねてみると、「役人が大手の国内生保に天下りしているから…」と保険業界の裏話をしてくれました(悪口になるといけないのでこれ以上は書きませんが、ご想像くださいね)。

 

保険を売っている国内生保の人も、この保険が最高だと教育を受けているので、他に勧める選択肢がないそうです。それに、保険会社にとっては、一番利益になるそうです。こんな話を聞いていると、僕が今入っている保険に対して、すごく腹が立ったし、今にでも解約したい気持ちになりました。

 

一応、僕が入っているような保険もニーズはあるけど、今の僕の状況には合っていないんです。そのため、必要ではないような保障が付加されていて、無駄な保険料を支払っていたんだと言うことが分かりました。

障がい・介護状態になったときの特約の条件が厳し過ぎる

僕に今の保険を勧めてくれた人が一番強調していたのが、障がいや介護状態になったときは、生涯の生活サポートがついているので安心ということでした。僕も話を聞いたときは、いい特約だなと今まで信じていました。

 

しかし、今回の見直しで分かったことは、1級障がいに該当しなければ、保険の適用がないと言うことでした。その可能性がないこともないけど、この条件は厳し過ぎて、この特約の保険料を払っても無駄になるそうです。

 

僕はそれに気づかず、特約の保険料を払っていました。こんな条件を知っていたら、特約をつけなかったでしょうね。特約ってものすごくいいと強調されてつけてしまうけど、ほとんど意味がないものもあるんだなと勉強になりました。

先進医療保障特約の保険料の払われ方を確認した方がいい!

ガンの備えのために、僕は先進医療保障特約に入っていました。ガンもお金をかければ治ることもあるんですが、健康保険の適用ができない治療になってしまうと高い費用が必要です。

でも、どうやって保険料が払われるかを確認すべきだと指摘を受けました。具体的には、先進医療にかかる費用を保険会社が払ってくれるのが、先払いなのか、先になるのか、後になるのかです。

 

健康保険が適用できない治療は、数百万円になることもあるので、後払いだと自分で数百万円を用意しなきゃいけないんです。治療を受けた後に保険会社から出ると分かっていても、お金が用意できなくて特約を利用できない場合もあるそうです。

これホントに知らなかったし、こんな大事なことを言わない保険会社が信用できなくなってしまいました。怖いですよね。

保険見直しラボの無料相談を受けてみた感想は?

今回の保険見直しラボの担当コンサルタントは、業界の裏話を含めていろんなことを教えてくれました。朝10時前に相談が始まって、気づいたら11時50分と2時間くらいの相談になっていました。

ただ、話がおもしろかったこともあり、退屈することもなく、あっという間の時間でした。この間に特定の保険商品を勧めてくるわけでもなく、本当に悩み相談を聞いてもらったという感覚でした。

僕は自分から、いい商品があれば教えてして欲しいと伝えて、別の日に提案を受けることになりました。どんな提案になるのか今から楽しみだし、一にでも早く今の保険の担当者に、解約することを告げたいです(笑)

 

それから、今の担当者との人間関係を聞かれました。もし、親戚や兄弟や友達だったら、付き合いがあって辞めるのも難しいでしょうからと、こんなことを気にかけてくれるところもちょっと違うなって思いました。

あわせて読みたい
保険見直しラボの評判や口コミを自ら検証!節約できた金額も公開! こんにちは、タカハシです。 41歳の独身男性にとって最適な保険を検討している中で、保険見直しラボから来てもらったコンサルタ...

 

⇒たったの2分で完了!無料相談の予約はこちら

保険見直しで月額いくら節約できると思いますか?