熊本の飲食店

田舎屋【熊本市大江】で500円ランチのはずが規格外の会計に驚くw

こんにちは、タカハシです。

あなたは500円のランチを食べたのに、会計で「540兆円になりますw」とお店の女将さんに言われたらどうしますか?僕は財布から千円札と40円を取り出して、「イッセン、ヨンジュウオクエン(1040億円)からいいですか?」と切り返してみました。

女将さんも、「はい、おつり5千億円」とさらに追い打ちをかけて、500円玉を僕にくれました。お金の単位がめちゃくくちゃや~と思いつつ、今どきこんな冗談を言うお店があるんだと驚くとともに、すごく暖かい気持ちになりました。

そんな面白い女将さんがいるお店が、熊本市大江にある田舎屋です。今回は、ここで頂いた500円ランチをレポートします。

スポンサードリンク

田舎屋のランチメニュー

田舎屋は日替わりで500円になるメニューがあって、僕が行ったときは、田舎コロッケ定食、ホルモン煮込み定食、塩サバ定食が、お得なランチになっていました。どれも迷ってしまうラインラップでしたが、今回はホルモン煮込み定食にしました。

お店の前にこのように看板が出ているので、サービス日替わりランチが分かるようになっていました。この日は風が強くて、僕が見ていると看板が外れるというアクシデントもありました(笑)

他にも魅力的なランチメニューが豊富にありました。

定食メニュー以外にも、カレーもあるんですね。

僕は開店してすぐに入ったので1番だったんですが、常連ぽいお客さんが次々に入ってきました。こんなにメニューがあれば、毎日来ても飽きないですよね(笑)。しかも、500円というお手頃価格だし。。。

 

そして、ホルモン煮込み定食が出来上がりました。

メインのホルモン煮込みに、ご飯、サラダ、漬物、味噌汁、さらに小鉢が2皿もありました。おかずが豊富にあるのも僕にとってはうれしいです。ホルモン煮込みは、口に入れるととろけるような柔らかさで、すごく美味しかったです。

豚ホルモンの煮込みは自分でも作るんですが、ここまで柔らかくすることはできないんですよね。そして、味噌で味付けされたホルモンと汁がご飯によく合うんです。そのままご飯にぶっかけて食べたい気持ちになります。始めは上品に別々で食べていましたが、最後は残った汁にご飯を入れて、口の中に掻き込んでしまいました(笑)

スポンサードリンク

田舎屋のランチのお勧めポイント

田舎屋ランチは、500円とお手頃価格なのもいいんですが、お勧めポイントは、メインのおかずとは別になっている小鉢です。2品あったんですが、すごく凝っているし、季節感が味わえて良かったです。

こちらは、大根と厚揚げとフキの煮物でした。

タケノコをマヨネーズであえていて、シャキシャキの食感が良かったです。タケノコとか自らすすんで注文することがないんで、こんな感じで小鉢がついているのもうれしいです。

田舎屋の場所や営業時間などまとめ

店名 ファミリー味喰い処 田舎屋
電話 096-371-9299
住所 熊本県熊本市中央区大江5-16-9 下村ビル 1F
営業時間 平日 11:30~14:30 17:30~翌1:00 平日以外19:00~

あの陽気な女将さんは、キャサリンと言う愛称で親しまれているみたいです。食事を終えて、540兆円の支払いを済ませて(笑)、お店を出るときの女将さんの「いってらっしゃい!」という声がすごく印象に残ったお店でした。

常連客が頼んでいた田舎コロッケ定食にかかっていたあの白いソースは何だったんだろう?と気になることがあるし、また行きたいと思っています。

スポンサードリンク