サッカー

クロップの戦術がリバプールでみえてくるのはまだ先?

ユルゲン・クロップがリバプールの監督に就任して最初の試合をみました。

クロップがどんな戦術を用いて、リバプールをどう立て直していくのか?

初戦のトッテナムとの試合から語ってみたいと思います。

スポンサードリンク

クロップが選んだリバプールのメンバーとフォーメーション

スターティングメンバーは、

GKは、ミニョレ、

DFは4バックで、左からモレノ、サコー、シュクルテル、クライン

中盤センターの2人が、ミルナー、ルーカスとエムレカン、

中盤2列目は、左から、コウチーニョ、ララーナ

ワントップに、オリジ

でした。

 

フォーメーションは、4-2-3-1という予想でしたが、試合が始まってみると4-3-2-1というクリスマスツリー型になっていました。

本当は、ワントップにスタリッジが入る予定でしたが、メディカルチェックでストップがかかってしまい出場できず。

これが、クロップの初陣にとっては結果的に痛かったです。

 

オリジは、自分でボールをもらってシュートにいくのか、スペースを作って見方と連携をするのかと迷いところがあり、波に乗れず、この試合ではあまり機能しませんでした。

スタリッジがいれば、もっと可能性があった試合になっていたとは思います。

 

コウチーニョがトップ下に入るという予想フォーメーションでした。

でも、試合が始まって時間が経つといつの間にか、コウチーニョは左サイドのほうでプレーすることが多かったです。

ララーナがは中に入ってすごく動いていたのが印象的。

コウチーニョとララーナの連携でゴール迫るシーンもありましたが、決定的なチャンスにはなりませんでした。

 

3列目で右サイドに入ったのは、やはりミルナーでした。

ミルナーは、試合開始当初から、熱いプレーをみせていて、90分間に渡って走り続ける動きが印象的でした。

本来は中でプレーしたくて、リバプールに移籍してきたわけですが、クロップに変わって、右サイドでもいいプレーを見せてくれのはさすがです。

 

シュクルテルとサコーはミスが目立ち、危うく失点しそうなシーンがありましたが、ミニヨレのファインセーブもあり、なんとか0点でしのげたという感じ。

右サイドバックのクラインは高い位置をとっていた割に、攻撃参加はみられませんでした。

モレノにいたっては、上がることはほとんどなかったです。

 

結果は、0-0の引き分けに終わりましたが、得点の匂いがあったのはスパーズだったので、負けなくて良かったというのが、試合の感想です。

まあ、リバプールは、ケガ人も多いし、メンバーが揃わない中で、クロップに最初かから期待するのも酷かなと思いました。

スポンサードリンク

クロップの戦術がみえてくるのはまだ先か?

クロップの戦術がリバプールでみえてくるのは、まだ時間がかかります。

今のリバプールにはケガ人が多くメンバーが足りない!

そんな中で、クロップの戦術に見合う選手が何人いるんだろうと思います。

 

スパーズ戦では、交代で選手を入れるタイミングが、遅かったです。

これは、現状のメンバーが90分間で、どれくらいのパフォーマンスができるんだろうとクロップが試していたんでしょう。

クロップの戦術といえば、ハイプレスからの速攻が持ち味なので、かなりの運動量を必要としますから。

 

ただ、初戦でリバプールの選手の意識がみえてきたものは、高い位置でのプレスでしょうか?

特にコウチーニョは、90分間を通してプレスかける動きが目立ちましたし、エムレカンと連動してボールを奪う動きもありました。

全体的に、リバプールの選手が動きが勢力的だったのが、良かったです。

 

コウチーニョのプレースタイルについて!ミドルシュートの凄さも解説!

 

しかし、攻撃ではまだクロップらしさはみられませんでした。

特に、コウチーニョがボールをキープして攻め上がろうとしたときに、後ろからボールを追い越して上がってくる選手がいませんでした。

ワントップのオリジのとの連携も悪かったので、魅力的な攻撃はまだ遠いなと思いました。

 

リバプールファンにとってクロップに対する期待は大きいはずだし、私は、初戦のスパーズとの試合には、数日前からワクワクしていました。

初戦をみてまだこれかだろうという思いで、しばらくは、リバプールをみる必要があると思いました。

あとは、冬の移籍市場でクロップ好みの選手をどれだけ獲得できるのか?ということも重要でしょう。

クロップの戦術が発揮され結果が付いてくるのは、2月くらいからじゃないでしょうか?

 

追記

クロップが就任して1ヶ月ほど経って、すでにリバプールの選手たちには彼の情熱が伝わっています。

印象的だったのが、第13節のマンチェスター・シティ戦。

この試合についてレビュー記事をかきました。

クロップの情熱がリバプールに浸透したシティ戦をレビュー

スポンサードリンク