サッカー

リバプールの生え抜きメンバーについて調べてみた結果

リバプールの生え抜きといえば、真っ先に思い浮かぶのがジェラードキャラガーでしょうか?

積極的な補強を進める近年のリバプールに、生え抜きの選手はいるのか気になったので調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

リバプールの生え抜きメンバー

 

純粋なリバプールの生え抜きといえば、ジェラードやキャラガーのようにリバプールのユースチームで育ち、トップチームでデビューを果たしていることでしょう。

現在のメンバー

ジョン・フラナガン

フラナガンは、リバプールユース出身で、2011年4月にトップチームデビューしていました。

リバプール出身ということもあってこのままリバプールでキャリアを積み上げて欲しいです。

 

ジョーダン・ロシター

ロシターは、2003年にリバプールユースに所属し、今シーズンプレミアデビューをした若手MF。

こちらもリバプール出身です。

 

ハリー・ウィルソン

2005年から2014年まで、リバプールユースで、2014年にトップチームに昇格しています。

デビューはまだですが、現在18歳ということで、これからの選手でしょう。

 

現在のメンバーで主力となりそうなのは、フラナガンなのでしょうが、怪我もあって戦線離脱中。

なので、最近の試合では、リバプールには生え抜きのメンバーはいません。

やはり、リバプールにはジェラードやキャラガーのように、象徴的な選手がいたので、リバプールファンにとっては、生え抜き選手がピッチにいないのはさびしいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

ローン移籍中のメンバー

ローン移籍中のメンバーにもリバプールユース出身の選手がいます。

ただ、キャリアのスタートからリバプールというわけではなく、違うユースチームからやってきた選手たちです。

なので、生え抜きと呼んでいいのかは分かりませんが、ユース出身ということで成長を期待されているでしょう。

 

アンドレ・ウィズダム

ウィズダムは、ブラッドフォードから2008年にリバプールユースへ移籍しました。

そして、2012年にトップチームデビューし、右サイドバックとしてプレー、現在はノリッジへローン移籍中です。

トップチームに昇格するも毎シーズンローンへと出されています。

22歳という年齢から、そろそろリバプールのトップチームでの活躍が期待されているでしょう。

 

ジョーダン・ウィリアムズ

ウィリアムズはウェールズのレクサムFCユースから、2009年にリバプールユースへ。

2014年にトップチームへ昇格していますが、ノッツ・カウンティやスウィンドン・タウンFCへとローン移籍中。

デビューまだの19歳のプレーヤーです。

 

ロイド・ジョーンズ

ジョーンズは、プリマス・アーガイルFCというチームから2011年にリバプールユースへ移籍。

2015年にトップチームへ昇格。

 

ダニー・ウォード

ウォードは、ウェールズ出身のゴールキーパー。

レクサムFCから、2012年にリバプールユースへ移籍しています。

現在は、スコットランドのアバディーンへローン移籍中。

 

セイ・オジョ

オジョは、ミルトン・キーンズ・ドンズFCから2011年にリバプールユースへ移籍。

ウイングやミッドフィルダーを務める18歳若手で、現在は、ウルヴァーハンプトンにローン移籍中。

 

ハリー・ウィルソン

ウィルソンは、2005年からリバプールユース育った18歳のミッドフィルダー。

2014年にトップチームに昇格していますが、現在はクルー・アレクサンドラFCというイングランド3部相当のチームにローン移籍しています。

出身は、ウェールズのレクサムで、ウェールズのA代表にも招集されたことがあります。
warrior(ウォーリア) リバプール 14-15 ホーム 半袖 ユニフォーム No.8 ジェラード【プレミアパッチ付き】WSTM400/8.GERRARD

まとめ

リバプールユース出身のメンバーをチェックしてみると、ウェールズのレクサム出身が多いです。

リバプールとレクサムは何か関係があるのでしょうか?

それから、アーセナルはイギリス以外のユースチームから、選手を連れくるのに対して、リバプールはイギリス国内の選手ばかりだとうのも興味深いところでした。

アーセナルの生え抜き選手が気になったので調べてみた結果

 

これにはリバプールの育成の方針もあるのだろうと思いますし、アーセナルの育成が特別なのか?

リバプールやアーセナル以外の生え抜き選手も調べてみて、結論を出したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

保険見直しで月額いくら節約できると思いますか?