サッカー

ユーロ2016の組み合わせで死のグループはE組?

ユーロ2016本大会の組み合わせ抽選が行われました。

今回からは参加チームが16チームから24チームへ増え、6つのグループリーグで、Eが死の組と言われています。

他のグループの注目ポイントも合わせて語ってみたいと思います。

スポンサードリンク

グループEは死の組なのか?

 

最初にユーロ2016のグループステージの組み合わせを確認してみました。

グループA

フランス、ルーマニア、アルバニア、スイス

グループB

イングランド、ロシア、ウェールズ、スロバキア

グループC

ドイツ、ウクライナ、ポーランド、北アイルランド

グループD

スペイン、チェコ、トルコ、クロアチア

グループE

ベルギー、イタリア、アイルランド、スウェーデン

グループF

ポルトガル、アイスランド、オーストリア、ハンガリー

2014年のブラジルワールドカップのときは、ウルグアイ、コスタリカ、イングランド、イタリアが入ったグループDは死のグループと言われていました。

勝ち上がったのは、ウルグアイとコスタリカ。

 

ユーロ2016は、やはりグループEが一番混戦してて、死のグループと言えそうです。

ベルギーはFIFAランキングが1位でタレントも豊富です。

イタリアは伝統があってワールドカップやユーロでは、力を発揮します。

アイルランドは勝負根性があって侮れない。

スウェーデンもプレーオフを勝ち上がって粘り強いところあります。

 

ワールドカップのように、この中から2位までが次のラウンド進むとなると厳しいグループのようにも思えます。

今回のユーロはユーロ2016は24チーム中16チームがトーナメントに進めます。

3位になっても4チームは次のラウンドにいけるし、そこまで死のグループじゃないという楽観的な見方も多いです。

 

でも、グループEで、3位になると次のラウンドに進むのが困難になりそうです。

というのは、グループEは力が拮抗しているから、引き分けの試合が多くなったり、潰し合いが増えて、3位になると他のグループの3位よりもポイントが稼げないと思ったからです。

勝点3くらいで3位になると厳しそう。

なので、確実に1位か2位を狙うと死の組と言えるでしょう。

スポンサードリンク

他のグループの注目は?

注目しているのは、グループB。

イングランドとウェールズが同じグループに入っています。

北アイルランドも入っていたらもっと話題になったでしょうね。

 

イングランドは予選は全勝で本選に出場を決めましたが、予選の相手が良かったです。

ウェールズはベルギーに次ぐ2位でしたが、ベルギーには1勝1分と勝ち越していることからも実力はあります。

なので、イングランドとウェールズの対戦は楽しみです。

 

グループAは、フランスが何も問題がなければ、順調に勝ち上がるでしょう。

今回は悲しい出来事もあったし、一致団結してユーロに挑むことは間違いないです。

実は、フランスが私の中で優勝の本命じゃないかと思っています。

 

グループCは、ドイツとポーランドがまた同じグループなんです。

予選でも同じグループで対戦していたし、こんな組み合わせになることもあるんだと思いました。

予選は1勝1敗のだったこともあって、この2チームが抜けているような気がします。

 

グループDも密かに死のグループかもしれません。

スペイン>チェコ=トルコ=クロアチアという力関係でしょう。

スペインはワールドカップではスロースタートなところもありました。

それに、優勝を目指しているから、コンディションをピークに持ってくるのは、次のラウンドになりそう。

なので、危ういところもあるんじゃないかなと思っています。

 

グループFは、ポルトガルが抜けています。

予選で予想外の活躍だったアイスランドには頑張って欲しい。

オーストリアは予選で負けなしだっただけに、勢いがあっておもしろいと思います。

 

ユーロ2016は24チームに増えて、かつてのワールドカップ並みの規模です。

いい大会になって見る人を楽しませて欲しいです。

スポンサードリンク