仕事・転職

もう働きたくないと40代で思ってこれからやるべきこと!

40歳になって、「もう働きたくない」と言う気持ちが、ますます強くなってきました。

働かなくていい理想的な仕組みは、40歳になるまで一生懸命に働いて貯金して、さらに株や不動産もあって、不労所得が入ってくることです。とは言っても、僕にとってこれは現実的ではありません。

なぜなら、今生活できるお金があれば十分だと思って、必要以上に働いてこなかったからです。だから、不労所得で生活できるほどの資産なんてあるわけありません。

たしかに、社会に出て仕事を始めた頃は、一生懸命に働くことが大事だと思って、自分の時間を犠牲にしていました。休日出勤で月の休みが3日のときもあったし、出張で1週間自宅に帰れないとこもありました。

でも、あるとき「なぜ自分の時間を削ってまで働かなきゃいけないの?」と考えるようになってきて、ストレスが少ないゆるく働けそうな仕事に変えました。それから、できるだけ楽に働ける職場を選び、嫌になったら辞めて、いろんな職を転々としてきました。

仕事に対する考え方が変わった僕は、「お金はあまりなくても、あまり働かずに生活するには、どうしたらいいのか?」を現実的に考えるようなりました。

この記事では、

  • 収入は減ってもいいから、もう働きたくない
  • お金よりも自分の時間が大事
  • とにかくゆるく生きたい

と言う方へ向けて、「これから何をすべきなのか?」について僕の思うことを語っています。

スポンサードリンク

もう働きたくないと思ったらやるべきこと!!

冒頭でも書いていますが、この記事で言いたいことは、あまりお金を稼がなくても、自分らしく生活していくために、やるべきことにつていです。資産形成の話ではないです。なので、「株や不動産を持ちましょう」とか、「貯蓄を増やしましょう」と言うことには一切触れません。

それから、欲しいものがたくさんあって、やりたいことがあって、贅沢に暮らしていきたいと思っている方は、読んでも時間の無駄になる可能性が高いです。

大人になったら働かなきゃいけないという常識を捨てる!

僕は、大人になったら社会に出て、誰かに雇われて、働かなきゃいけないずっと思っていました。働くことに疑問を持つことさえなく、仕事をさがすために履歴書を書いて、面接を受けました。

生活するのにお金が必要だからとい本音を隠して、自分の能力とやる気を訴えて、会社に貢献できることをアピール!僕は、30代でいくつかの職を転々としていて、正社員として就職することに必死でした。

でも、疲れました。というか、世間並とまではいかなくても、自分が納得できる程度に、生活できればいいじゃないか?だったら、一生懸命に正社員になって、そこまでお金を稼がなくても、生きていける方法はあると思いました。

「30代で年収○○円以下は、ヤバい」とかネットの記事で、目にすることがありますが、ぜんぜん気になりません。現在の僕は、週3回8時間のアルバイトとネットの収入で、十分に生活できているんです。

社会には、いい会社に就職して、真面目に働いて、お金を稼いで、不自由なく、欲しいものを得ている人もいます。でも、僕みたいに働くことが嫌で、合わない人もいるんですよね働きたくないなんて、大きな声じゃ言えないですが・・・

別に働かなくても生きていけるんだったら、それがいいんじゃないでしょうか?たぶん、働いている人のほとんどが同じようにどこかで思っているんです。でも、働くのがあたりまえという常識があるから、本音を言えないだけかも・・・?

世間体を気にしないようにする

僕みたいに、あまり働かない生き方を選ぶと、収入は多くありません。40代の一般的な年収がいくらだと知らないですが、比較されると相当低いでしょう。でも、別に気にはしていません。

世間体なんてあまり気にしないようにすれば、いいだけです。40代でアルバイトで働いているなんて、ヤバいと思われてもしかないです。でも、僕は気にしないようにしてから、ぜんぜん平気です。

これだけあれば生きていけるとうお金を把握する

僕は、アルバイトで週3回くらい働いて、残りの時間は自分の好きなことをして過ごしています。まったく働かないというのは、やっぱり無理なので、最低限必要なお金を確保するためだけに働いています。

あなたが、今、生活するのにいくら必要ですか?まずは、その金額を把握しましょう。自分が満足して生きていくために必要なお金が分かれば、働く日数を決められます。アルバイトだと希望の日数で働けるというメリットがあって僕には合っています。

もっとお金が欲しいから、欲張ろうとすると働くのが辛くなってきます。なので、最低限の日数を働くのがいいんです。

生活費を見直す

それから、生活費を見直せば、本当は必要ないことに使っているお金があるはずです。無理は良くないけど、削れるところは削ってしましょう。まずは、1ヶ月くらい家計簿をつけてみると、あなたのお金の使い方が分かります。

次に、生活の中で一番見直しができて、負担が大幅に下がるのが、通信費と保険料です。僕は、通信費と保険を合わせて1万円以上削ることができました。具体的に言うと、

  • 携帯 約9,000円⇒  2,680円
  • 保険 約12,000円 ⇒ 7,531円

この二つは、本当に見直してみると大幅に下がる可能性が高いです。携帯電話は格安携帯に変えましたが、何の問題もなく利用できています。

保険はどんな内容なのか知らずに、付き合いや会社にやってくる保険担当者から、入っていませんか?一度専門家に見直し相談をしてみるといいです。僕がお勧めなのは、保険見直しラボと言うところです。

あわせて読みたい
保険見直しラボの評判や口コミを自ら検証!節約できた金額も公開! こんにちは、タカハシです。 41歳の独身男性にとって最適な保険を検討している中で、保険見直しラボから来てもらったコンサルタ...

本当に必要なもの以外は持たないようにする

本当に必要なものだけに、お金を使えば、稼ぎはそれだけ少なくて済みます。僕は流行の洋服とか買うことがありません。季節ごとに数着ある服を着まわしています。

結婚もしてない

ものだけじゃなくて、家族ももたないようにしています。40代になりましたが、独身です。結婚しなかったのが良かったのか、家族がいないから出費もありません。

40歳過ぎて独身だったら、もう無理に結婚しなくてもいいと思っています。結婚して家族ができれば、働きたくないなんて言えなくなりますよ。

人間関係も整理

本当に必要な人以外と付き合うと、余計な出費がありますごく限られた人間関係の方が、疲れることもなく、楽しいです。

大事なのは考え方と現実的な行動だけ

僕は根本的に仕事をしたくない、なまけられるんだったらなまけたい、楽して稼ぎたい・・・と思っています。世間的には、ダメダメ人間ですね(笑)ですが、こんな僕でもあまり働かずに生活できているんです。

 

働きたくない理由の一つが、自由ではなくなるからです。正社員として働いていたら、決められた日数と時間を会社に捧げなければなりません。休みたくても休めないし、かなり自由度が低いです。

大人になったら会社に属して、働くのが当たり前だと思っていたときもありました。でも、なぜ働きたくないときも、働かなきゃいけないの?もっと、自分の都合で好きなように働くことはできないの?と考えるようになりました。

僕が働くことに対して妥協できる点は、自分の自由な時間をあまり奪われない程度だったらいいといことです。正直言って、完全に自由になっても、時間を持て余してしまうことが多くなりそうで、辛いです。

多少働くことで、社会との繋がりを維持できるので、これくらいだったらいいかなと思っています。なので、今は週3回程、アルバイトで働いています。収入は減ってしまったけど、自分の時間があるし、気楽でいいです。できれば、働く日数を週2回まで減らいたいです。

こんな生き方をしてもいいのかな?と疑問に感じるときもありました。でも、同じ考え方の人はいるんですよね。


作者の大原さんは、月の生活を7万円くらいで生活しているんです。もっと働けば、お金も貯められると思うけど、本人は週2回働くのがいいと思っているんですね。世の中には、僕みたいに本当に働きたくないから、そのためにどうすればいいか分かっている人がいるんです。

大事なのは、考え方を変えて、具体的に行動してみることです。まずは、今の生活でいくら必要なのか?何を削ることができるのか?を知るところから、始めてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク