一人暮らしとクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカードには海外旅行保険が無い!解決策は?

海外旅行中にはケケがや病気、盗難や飛行機の遅延などのトラブルなど思ってもいなことがある可能性があります。そんなときの入っていると安心なのが海外旅行保険です。

クレジットカードの中には年会費無料で海外旅行保険が付いているものもあります。ただ、三井住友VISAカードデビュープラスカードには海外旅行保険が付いていません

解決策としては、デビュープラスカードと海外旅行保険付帯のクレジットカードを2枚持ちする方法があります。年会費無料でも海外旅行保険が付帯しているクレジットカードもあります。

そこで、デビュープラスカードと相性が良い外旅行保険付帯のクレジットカードを詳しく説明していきます。

デビュープラスカードはポイント還元率が良いのが魅力の一つなので、海外旅行保険付きのクレジットカードとの2枚持ちもおすすめですよ!

そもそも海外旅行保険は必要なのか?

いきなりクレジットカードの海外旅行の話をする前に、「そもそも海外旅行保険は必要なのか?」について簡単に説明します。

まず、クレジットカードに海外旅行保険がついていない場合は、保険代理店や空港で海外旅行保険に加入することができます。

もちろん、海外旅行保険の加入には保険料がかかります。何のトラブルもなかった場合は、保険料は戻ってこないから、もったいない気持ちになりますよね?

しかし、「何かあったらどうしよう」と常に不安な気持ちを抱いていては、せっかくの海外旅行を十分に楽しむこともできないです。保険に入らず海外旅行へ行き、トラブルが発生し、想像もつかないお金を請求されたら洒落にならないです。

だから、外旅行に行くときは保険に加入しておいたほうがいいです。海外旅行保険に加入している場合、契約内容よっても異なりますが、次のような費用をまかなうことができます。

  1. 治療・救援費用…病気やケガの治療の備え
  2. 携行品損害…携帯電話やデジカメなど携行品の破損や盗難への備え
  3. 賠償責任費用…損害賠償を請求されたときの備え
  4. 旅行事故緊急費用…飛行機の遅延や欠航などの備え

それぞれがどのような備えになるのかを具体的に説明していきます。

①治療・救援費用

例えば、治療費が高いと言われているヨーロッパやアメリカで盲腸の手術を受け、入院したた場合、200万円前後の治療費用がかかります。

現地の食事が合わず食中毒になってしまい病院に行って治療を受けた場合でも日本とは桁違いの治療費や入院費が請求されることもあります。

このような病気やケガに対して備えるのが治療・救援費用です。症状によっては現地に家族がかけつけて援助が必要な場合もあり、このときの費用も海外旅行保険でカバーできることもあります。

②携行品損害

海外旅行中に携帯電話やデジカメなど、持っていたものが破損した場合に備えるための保険です。絶対に壊さないから大丈夫と思っていても、盗難やスリの可能性もあります。

また、海外では預けた荷物が雑に扱われることも多いです。そんなとき、スーツケースが破損して使えない場合、移動など手間がかかりますね。

海外旅行保険で携行品損害に備えていれば、このようなトラブルにも対応することができます。

③賠償責任費用

旅行先のホテルのお風呂場を誤って水浸しにしてしまい、修復費用を請求された。ショッピングのときで高価なお店グラスを破損させ、弁償することになった。

このような場面で必要になってくるのが賠償責任補償です。あなたの不注意で被害を与えてしまい高額な請求をされたとき保険で対処できます。

④旅行事故緊急費用

例えば、飛行機が遅れて、乗り換え予定の飛行機に間に合わなかった場合。ホテルに泊まって次も飛行機を待たなければならないこともあります。こんなときにホテル代を出してくれるのが旅行事故緊急費用です。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険でもこれらの費用を補償してくれますが、補償内容や金額など内容は様々です。

年会費無料で海外旅行保険が付帯しているクレジットカード!

三井住友VISAデビュープラスカードは海外旅行保険が付帯していません。そこで、2枚目に海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持つのが最適です。しかも、年会費が無料であればクレジットカードの維持費もかからないからお得ですね。

これから年会費無料で海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを4つ紹介します。補償内容や補償金額など参考にして下さい。

楽天カード

楽天カードはポイント還元率が1%あり、楽天市場で買い物をすればさらにポイントが増量されるクレジットカードです。

[rakuten-tabale]

楽天カードの海外旅行保険の補償内容

楽天カードの海外旅行保険が有効になるためには、「自宅から出発空港までの交通費」、「海外旅行代金」を楽天カードで支払う必要ああります。これは楽天カードを利用することで海外旅行保険が付いてくるので、「利用付帯」と言います。

保険の種類 最高補償額
死亡後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
※1事故の限度額
疾病治療 200万円
※1疾病の限度額
携行品損害 20万円
※年間限度額
※免責金額3,000円
賠償責任 2,000万円
※1事故の限度額
※免責なし
救援者費用 200万円
※年間限度額

携行品損害の免責金額について補足します。

例えば、デジカメの破損で1万円請求があっても、その内3,000円はあなたご自身で払ってくださいということです。つまり、3,000円以下の損害金は補償されないということです。

エポスカード

エポスカードはマルイが発行しているクレジットカードです。マルイでの買い物はもちろん、飲食店やカラオケ店など優待サービスがあり学生や若い方にも人気があります。

[epsosface01]

[epos_table]

エポスカードの海外旅行保険の補償内容

エポスカードは、旅行費用などをエポスカードで決済しなくても、エポスカードを持っているだけで海外旅行保険が有効になります。これを「自動付帯」と言います。

保険の種類 最高補償額
死亡後遺障害 500万円
傷害治療 200万円
※1事故の限度額
疾病治療 270万円
※1疾病の限度額
携行品損害 20万円
※1旅行・保険期間中の限度額
※免責金額3,000円
賠償責任 2,000万円
※1事故の限度額
※免責なし
救援者費用 100万円
※1旅行・保険期間中の限度額

 

JCB CARD W

JCB CARD Wは39歳以下の方がWEB入会で申し込むことができるクレジットカード。ポイント還元率が1%あり、通常のJCBカードの2倍の還元率になっているのが特徴です。

[JCBW-tabale]

JCB CARD Wの海外旅行保険の補償内容

JCB CARD Wは「利用付帯」です。事前にJCB CARD Wで旅行代金などを決済した場合、有効になります。

保険の種類 最高補償額
死亡後遺障害 2,000万円
傷害治療 100万円
※1事故の限度額
疾病治療 100万円
※1疾病の限度額
携行品損害 20万円
※1旅行・保険期間中の限度額
※免責金額3,000円
賠償責任 2,000万円
※1事故の限度額
※免責なし
救援者費用 100万円

 

REX CARD(レックスカード)

レックスカードは通常の還元率1.25%あるジャックスカードです。国際ブランドは世界売上シェア2番目の「Mastercard」を選ぶことができます。デビュープラスカードは世界売上シェア1番目の「VISA」なので、1位と2位の組み合わせで相性がいいです。

[REX-table]

REX CARD(レックスカード)の海外旅行保険の補償内容

レックスカードの海外旅行保険は自動付帯です。

保険の種類 最高補償額
死亡後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円
※1旅行・保険期間中の限度額
※免責金額3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円

 

ちなみに、レックスカードには国内旅行保険も付帯しています。

保険の種類 最高補償額
死亡後遺障害 1,000万円
入院費用 日額 5,000円
手術費用 5万円/10万円/20万円
通院費用 日額3,000円

国内旅行保険は利用付帯になっていますが、旅行中に怪我をしたときなどこのような補償があれば安心ですね。

年会費無料クレジットカードの海外旅行保険で気をつけることは?

年会費無料のクレジットカードでも海外旅行保険が付帯しているのはありがたいサービスです。しかし、補償が十分とは言えないところもあります。

例えば、ケガや病気で治療、入院したときの費用です。紹介したクレジットカードでは補償額が、100万円から270万円です。

海外旅行保険で補償を手厚くしておきたいのは、傷害・疾病治療の部分です。気候が合わず風邪をひいてしまい、悪化して入院ということは十分に考えられます。

旅行する地域にもよりますが、最低でも300万円から500万円くらいの補償があった方が安心です。

年会費無料のクレジットカード1枚だけで、海外旅行保険を充実させるにはかなり無理があるかもしれません。

普通に海外旅行保険に加入したらいくらかかるの?

ちなみに、保険代理店などで普通に海外旅行保険に加入した場合、いくらくらいかかるのでしょうか?海外旅行保険はインターネットで補償内容と保険料を比較しながら申し込むことができます。

比較的安いプランの例を紹介します。保険料や補償内容など参考になるはずです。

アジア(韓国、台湾、タイ、ベトナムなど)3日間一人の場合

保険料 990円
治療・救援費用 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品 30万円
傷害・疾病死亡 1,000万円
後遺障害 1,000万円

ハワイ5日間一人の場合

保険料 1,970円
治療・救援費用 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品 30万円
傷害・疾病死亡 1,000万円
後遺障害 1,000万円

ヨーロッパ(イタリア、フランス、イギリスなど)7日間一人の場合

保険料 2,660円
治療・救援費用 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品 30万円
傷害・疾病死亡 1,000万円
後遺障害 1,000万円

北米(アメリカ・カナダ)10日間一人の場合

保険料 3,890円
治療・救援費用 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品 30万円
傷害・疾病死亡 1,000万円
後遺障害 1,000万円

保険料は旅行先や滞在日数によっても違いがありますが、5,000円もあれば加入できますね。クレジットカードに付帯している海外旅行保険で不安な場合は、別途海外旅行保険に加入するのも一つの手でしょう。

1枚のクレジットカードで足りない部分は複数カードの組み合わせでカバーもできる!

クレジットカードを何枚か組み合わせることで、補償額を合算することも可能です。1枚のクレジットカードで補償が足りなければ、さらにもう1枚追加することを検討しても良いでしょう。

年会費無料のクレジットカードの中では、エポスカードの傷害・疾病費用が270万円で最高でした。ここにレックスカードの傷害・疾病費用を200万円を合わせれば、470万円までアップします。

例えば、このような組み合わせでクレジットカードを複数持ちすると足りないところを補い合えます。

  • デビュープラスカード…海外でも信頼性が高い三井住友VISAカード
  • レックスカード…世界売上シェア2番目のMastercardで、海外旅行と国内旅行保険が付帯している
  • エポスカード…海外旅行保険の傷害・疾病費用が手厚い

この3枚のクレジットカードの組み合わせを検討してみてはいかがですか?

ただし、同時に複数のクレジットカードを申し込むのはお勧めしません。なぜなら、入会審査に通りにくくなる可能性があるからです

クレジットカード会社は、他社のクレジットカードの申し込み情報も知ることができます。同時の申し込みをしたとき「複数のクレジットを申し込むのは、お金に困っているからではないか?」とカード会社に疑われてしまうかもしれません。

その結果、支払いの能力がないかもしれないと判断され、審査落ちになることも考えられます。

まずは、海外旅行保険がないからと入会をためらっていた三井住友VISAデビュープラスカードを作るところから始めてみてください。

デビュープラスカードに入会出来た後で、レックスカード、そしてエポスカードの入会とやっていくのが理想の順番です。