仕事・転職

営業から工場勤務へ転職して何が変わった?失敗談も伝えます!

ノルマに追われて毎日営業の仕事がつらい。工場の仕事は休みも多いし、ノルマがなくて営業よりも気楽にやれるんじゃないかな?

という疑問にお答えします。

この記事で分かること
  • 営業から工場勤務に変わったときの精神的な負担
  • 営業から工場勤務に変わったときの休日や生活
  • 営業から工場勤務に変わったときのメリット
  • 営業から工場勤務の失敗談

僕には営業職から工場勤務へ転職した経験があります。営業職って毎日、毎月と数字に追われて、精神的につらいですよね?

営業が嫌になって「工場勤務だったら楽でいいんじゃないか」と思って、未経験の工場で働いたことがあります。

未経験の工場勤務は、やってみると営業のときよりも楽になったこともありました。逆に、失敗したなと思うこともありました。

この記事を読んでいただければ想像している工場勤務と現実との違いをイメージできるかもしれません。

営業職から工場勤務に変えるきっかけ

営業ってノルマを達成しても、またその上を超えるノルマを要求されます。常に売り上げアップのプレッシャーをかけられて気が休まる暇がないですよね?

たしかに、売り上げが良ければ報奨金もあってそれなりに収入はあっていいこともあります。

しかし、今月は売上達成できても翌月にはまたゼロかのスタートになり、今月はどうやってノルマを達成しようと頭を悩ませます。

営業をしていると精神的に追い込まれてしまうことが多く、僕は嫌でした。

だから、給料は下がってもいいから気楽に働ける仕事はないかな?と思うこともしばしば。

そんなとき工場勤務だったら、

  • 出勤時間が決まっていて時間になったら帰られる
  • 交代勤務だし決まった休みもちゃんとある
  • 営業とは違って売り上げノルマなんてないから楽なんじゃないか?

勝手にこんなイメージを抱いていました。

そこで、営業も疲れてきたし工場は体力的にきついかもしれないけど、思い切って職種を変えてみることにしました。

ちなみに僕が働いたのは半導体工場です。

半導体工場の仕事ってきついの?派遣で1年間働いてみた体験談!!

精神的な負担は?工場勤務になって楽になった!?

営業を辞めて工場勤務になり、売り上げノルマ達成のプレッシャーはなくなり精神的にはすごく楽になりました。

とは言っても、工場勤務にも生産数というノルマがありまったく数字に追われないかというとそんなことはありませんでした。この点は僕が知らないところでした。

工場勤務は

「与えられた仕事をそこそやって決まった時間作業をしていればいいんだろう」

というのが働く前のイメージだったんです。

これで営業のときみたいに数字に追われることはないし、気分的にはましだろうなって安心していたのですが…

工場勤務にもノルマがある!

工場勤務には生産数というノルマがあったのです。

しかも、個人ごとに数字を管理されていました。工場勤務と言ってもいろんな種類がありますが、僕が働いたのは半導体工場。

携帯電話の細かい部品を1日で何千個も作る仕事で、一つの部品を作るのに何工程にも分かれていました。

個人ごとに一つの工程が与えられて、1日の生産数と1時間ごとの生産数が決まっていました。

僕はのんびりとやろうと思っていたのに、こんなにも細かいノルマがあることを知って最初は驚きました。

だから、営業と違って数字に追われることはないだろうと甘く考えていると、多少痛い目に合います。

しかし、やることが決まっているので作業に慣れてしまえば、ノルマを達成することも簡単にできるようになります。

工場の仕事では、ノルマを達成できない恐怖感はないので安心してください。

工場で細かく個人の生産数が管理されているのはちょっと嫌になりますが、サボらないようにするための手段だったのでしょうね。

工場勤務のメリットは?

営業から工場勤務になってときの大きなメリットは、休みや生活です。営業だったら、出勤時間や休みなんて決まっているようで、決まっていないようなものです。

ノルマを達成していなければ、残業や休日出勤をしてでも、売り上げを作らなきゃいけません。

休みの日でも、会社やお客さんから電話があれば、対応しなきゃいけないです。

営業の仕事をしているときは、仕事とプライベートの区別がなくて、気が休まるときがあまりありませんでした。

工場勤務は休みがちゃんとある

工場勤務になるとシフトが決まっていたので、出勤と休みがちゃんと区別されていました。

当たり前のことですが、営業で休みの日でも休んだ気がしないような不安定な出勤をしていた僕にとっては、画期的なことでした。

月末には翌月の勤務が分かるので、いろいろと計画も立てやすいしまとまった休みもあって良かったです。

生活面で変わったところは、夜勤があってリズムが変わったことです。

僕が働いていた工場は24時間稼働してて、2交代勤務。月に、6回くらいは夜勤がありました。

2交代制だったので1日の拘束時間が12時間と長かったです。仕事がある日は睡眠とご飯を食べる以外は、ほとんど何もできませんでした。

ただ、月の半分は休みなので、ここでプライベートなことはリカバリーできました。勤務があるときは、買い物にも行けないけど、休みの日のまとめてできる。

一番良かったのは、平日に3日とかまとまった休みがあることです。

僕は人混みが少ない平日に出かけることが好きなので、こういう休みがあると温泉旅行に行ったりして、英気を養っていました。

ちなみに僕のような工場の勤務体系は3勤3休みといいます。

3勤3休とは?働くメリットや気になることを経験者が詳しく解説!

工場は数字のストレスなく働ける

僕が働いていた半導体工場は、体力的にも精神的にもかなり楽なところでした。

営業と違って、上司に呼ばれて数字を細かく詰められることもありません。会議でノルマ未達成の晒しものになるようなこともありませんでした。

数字のプレッシャーから解放される喜びもメリットでした。

精神的につらくて、休みがあまりなかった営業職を我慢して続けるよりも工場で働く方が、ストレスがなくて合っていたように思います。

営業職から工場勤務の【失敗談】

営業のノルマから解放されたとはいえ、営業職から工場勤務へ転職して失敗したと思うこともありました。それは派遣切りです。

僕は営業を辞めてすぐに次の仕事を決めたいと思っていました。そこで、知り合いが紹介してくれた派遣会社で工場の仕事を始めることができました。

しかし、希望日から働くことができたものの、1年ほどで働けなくなりました。

派遣であれば手っ取り早く働けますが、工場の生産量が下がれば一番に仕事を失ってしまいます。

こんなことならちゃんと就職活動をして正社員で工場の仕事を見つけるべきだったと思いました。

工場で働くのであれば、はやり正社員がいいです。手当てもあるし、仕事が安定しています。

もし、正社員の工場の仕事を見つけるのであれば、このような転職サイトもあります。



求人サイトとは違ってコンサルタントがサポートしてくれるのが強みです。気になったらチェックしてみてください。

≫【未経験も可】コウジョウ転職をチェックする

営業からだと不安という場合、まずは相談してみるのもありかと思います。

参考≫正社員として工場勤務する方法!失敗する働き方はやめませんか?

まとめ:営業職のプライドが邪魔をすることも

数字をとってくる営業職は偉いと僕は思っていました。誰でもできるわけではないしプライドもって働いていた時期もあります。

結果を出せばうるさいことや細かいことを言われることもありません。営業は自分の好きなように働けるのも魅力です。

しかし、工場の仕事では好きなように働くことはできません。営業の自由さを懐かしく思うことででしょう。

また、マニュアルもあり細かい指示をされます。上から言われたことを「はい、はい」と聞いて淡々とこなせれば良いのですが…

ときに、営業職のプライドが邪魔をするかもしれません。こんなときは工場の仕事はやはり失敗したなと思う瞬間です。

もし、営業に未練があるのであれば、もう一度働き方を考えた直した方が良いかもしれません。

≫営業がつらい理由と解決方法まとめ!辞める前にチェックしてみない?