Premier League

カソルラのプレースタイルは?ポジションはどこが最適なのか?

Santi Cazorla 2 / Ronnie Macdonald

移籍の噂もあったサンティ・カソルラですが、2015-2016シーズンもアーセナルでプレーし、やはり欠かせない存在となっています。

カソルラのポジションは、開幕戦のウエストハムとの試合では2列目の左サイド、2戦目のクリスタルパレスとの試合では、3列目の下がった位置でした。

どこでプレーしてもカソルラらしいプレーをみることができるし、安定しているからいろんなポジションで起用されるんでしょう。

今回は、カソルラのプレースタイルや最適なポジションについて考えてみました。

スポンサードリンク

サンティ・カソルラのプレースタイルは?

サンティ・カソルラは、小柄ながらもテクニックに非常に優れた選手で、パスサッカーが根幹にあるアーセナルにプレースタイルがとても合っています。

左右どちらの足でもけることができるフリーキックにも魅力があります。

中盤のサイドの攻撃的なポジションでプレーすることが多いんですが、中央へ切れ込んこくるドリブルからのシュートも好きです。

やはり、カソルラのプレーをみていると本当に上手いなあと思うことが多いです。

 

それに、テクニックだけじゃなくて、闘争心溢れるプレーもあります。

昨シーズンのマンチェスター・シティとの試合では、ヘトヘトになりながらも90分間出場し続け、最後までプレーしたのは闘争心だったんだと思います。

エジルは調子の波があって、下降しているときでも、カソルラの安定感で、エジルをカバーできます。

また、戦術眼にも優れているので、ラムジーがポジションを無視して攻撃的になったとしても、カソルラがしっかりと攻守のバランスをとっていることもあります。

 

カソルラはアーセナルに来てからすぐにフィットし、それ以来ずっとプレーを楽しませてもらっているんです。

スポンサードリンク

サンティ・カソルラのポジションはどこが最適なのか?

サンティ・カソルラは、中盤のポジションだったらどこでもそつなくできます。 両足でパスやシュートもできるから、左右のどちらの位置でも問題ないです。 カソルラは絶対にここじゃなきゃダメとうことがなく、柔軟性があるんです。 なので、ベンゲル監督は中盤の選手とのバランスを考えながら起用しているんだと思います。     2015-2016シーズンが開幕してアーセナルの試合を2試合みましたが、ポジションは別々でした。 2戦目のクリスタルパレスとの試合では、3列目のポジションで、コクランとコンビを組んでいました。 2列目の左サイドには、アレクシス・サンチェスがスタメンだったから、このポジションでの起用だったんでしょう。     コクランが攻守のバランスをとることができれば、カソルラは3列目のセンターのポジションが最適じゃないかと思いました。 クリスタパレス戦では、コクランがイエローカードをもらったりして、危なかっしいところもありましたが・・・ コクランが守備をカバーして、カソルラが、プレッシャーが少ない3列目から攻撃の起点になるより精度の高い効果的なパスを出すことができるようになるんじゃないでしょうか?   カソルラは3列目から上って攻撃参加もできていたし、すごく良かったと思います。   2列目のサイドだとカソルラのドリブルやパスがもっと活かせるけど、守備もしなきゃいけないし、運動量が増えて体力が持たない気がするんです。 カソルラにはケガをせず、シーズンを通して出場して欲しいから、このポジションで使い続けるのもいいかなと思いました。   ただ、3列目で使うには、コクランの存在が必要不可欠。 ラムジーとのコンビでは、守備が不安になるし、アルテタだとまだ未知数ということもあります。    

次の試合は、リヴァプール戦。

カソルラはどんな起用なのか楽しみです。

スポンサードリンク