サッカー

シャキリのプレースタイル!ストークシティで輝きを取り戻せる?

Xherdan Shaqiri / theglobalpanorama

ジェルダン・シャキリ(ジェルダン・シャチリ Xherdan Shaqiri)は、2015年夏にストークシティにやってきました。

バイエルンミュンヘンやインテルにも所属していたシャキリが、プレミアリーグの中堅クラスのチームに移籍したことも話題になりました。

今回は、シャキリのプレースタイルやストークシティで輝きを取り戻せるのかについて語ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

シャキリのプレースタイル!

シャキリのポジションはミッドフィルダーで、プレースタイルはスピードがあり、ドリブルを得意で、チャンスメークができることです。

ナベ

スイスはイングランドに負けてしまったけど、シャキリはけっこう目立っていましたね。

タカハシ

そうだね。スイスのチャンスはシャキリがつくっていたね。スピードもあるし、パスのセンスもよくて、いいプレーヤーだよね。

ナベ

シャキリはスイス代表では、右サイドでスタートしていました。ポジションはここがいいんでしょうか?

タカハシ

スタートのときのポジションはそうだけど、トップ下にもいなかった?自由にポジション変えて流動的に動けるんだと思うよ。サイドのアタッカーという感じでないし。中盤のチャンスメーカーだよね。

ナベ

シャキリにはミドルシュートもあるし、ディフェンスラインの裏を狙っている動きもすごいですね。

タカハシ

体も頑丈そうなので、当たり負けしなし、テクニックで交わせるし、スピードにのったドリブルを仕掛けられたらなかなか止められないよな~(笑)

 

スポンサードリンク
 

ストークシティで輝くことができる?

ストークシティは、シャキリを獲得するために1200万ポンドの移籍金を支払いをしました。 プレミアリーグの中堅クラブのストークシティにとっては、史上最高額で、シャキリクラスの選手がストークにくることも驚きをもって伝えられていました。 実力がありながらも、バイエルンミュンヘンやインテルで不遇の日々だったシャキリにとっては、よい移籍となるんでしょうか?

ナベ

シャキリはシャルケからもオファーがあったんですよね。なぜストークシティに?

タカハシ

やはり、お金でしょう(笑)。シャルケの年俸は300万ポンドで、ストークは600万ポンドだと言われているんだよね。年俸が倍ちがったら、気持ちも変わるだろな。代理人の影響もあるしね。

ナベ

プレミアリーグはやっぱりお金に関しては別次元ですよね(笑)。シャキリを獲得してストークシティも変わってきましたね。

タカハシ

巨人ぞろいで、ロングボールが多く武闘派なイメージとはもう違うよね。プレミアに定着して、さらに上位を狙っているんだろうな~。武闘派なストークも特徴があっておもしろかったんだけど。まあ、アーセナルファンにとっては嫌いなチームだよね。

ナベ

シャキリは体は小さいけど、筋肉があってストークの選手のイメージはありますね(笑)。

タカハシ

そうだね(笑)。プレミアリーグで頑丈なのはメリットだよね。それにストークのサッカーも変わってきているし、シャキリが入ったことは絶対にプラスになるはず。

 

 

ナベ

そうですね。ストークの試合を観るのがこれからも楽しみになってきました(笑)

スポンサードリンク
保険見直しで月額いくら節約できると思いますか?