サッカー

アンデルエレーラのプレースタイル!ユナイテッドではトップ下が最適?

United Trinity / A.R. Live

アンデルエレーラは、2014年夏にアスレチック・ビルバオからマンチェスター・ユナイテッドにやってきました。

今回は、エレーラのプレースタイルやユナイテッドでのポジションについて語ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

アンデルエレーラのプレースタイル!

エデーラのプレースタイルには、攻守に顔を出し、積極的にパスを出したり、周りの選手をサポートする特徴があります。

ポジションはトップ下もできるし、ボランチの守備的なこともできて中盤センターで特徴を発揮するタイプです。

ナベ

エレーラはボールのさばき方がうまくテクニックありますね。

タカハシ

ファーストタッチしてから次の動きが瞬間的気に分かっているような動きだよね。そこから、柔らかい気の利いたパスもいいな。エレーラからパスをもらったら、次の動作がやりやすそう。

ナベ

守備ではボールをもった選手から、ボールを奪うのがうまいです。スライディングがきれいにボールを捉えています。

タカハシ

ミドルシュートもいいものを持っているし、攻守に渡っていい動きをするよね。

 

   

スポンサードリンク
 

ユナイテッドでのポジションはトップ下がいいのか?

今シーズンユナイテッドは、ヤヌザイをトップ下に起用していましたが、チャンピオンズリーグプレーオフのブルージュ戦でケガをしてしまい代わりに入ったのが、エレーラでした。 その影響もあってか、エレーラは、8月の末のスウォンジーとの試合では、ヤヌザイに変わって、トップ下でスタメンでした。

タカハシ

スウォンジーとの試合では、ルーニーがワントップ。2列目は左に、デパイ、真ん中にエレーラ、右がマタだったよね。

ナベ

これって、ブルージュ戦のときからですね。ヤヌザイがケガがしてしまって、それで1列前に入ったらエレーラがうまく機能したんですよね。

タカハシ

そう。エレーラはボランチにいたんだけど、トップ下にが入ったことで、選手同士の距離間が良くなったんだ。ボランチとルーニーのいいつなぎ役になっていたし、攻撃にリズムがでるようになった。

ナベ

エレーラのトップ下は今後も続くんでしょうね?

タカハシ

そうだよね~。ヤヌザイはドルトムントへ行ってしまったし。ファンハール監督はエレーラのトップ下に手応えを感じたんじゃないかな?

ナベ

もし、ヤヌザイがケガしてなかったら、エレーラは中盤の控えになっていた可能性がありますね。中盤センターはシュナイデルランとシュバインシュタイガーがいるし。

タカハシ

そうだね~。マタとのコンビネーションもいいかも。マタってサイドで起用されるけど、中に入ってきてしまうから。そのときは、エレーラは右にいったり、マタを活かそうとしているね。

 

ナベ

エレーラはゴール前でもうまく反転してボールをさばく動きもいいですね。

タカハシ

それにペナルティエリアの外からでも積極的にシュートを打つのも評価がされているんだよ。

スポンサードリンク
保険見直しで月額いくら節約できると思いますか?