サッカー

デウロフェウのプレースタイル!エバートンで飛躍できる?

Goodison Park / fabiopaoleri

バルセロナのカンテラで育ったデウロフェウは、2013年にレンタル移籍でエバートンにやってくると素晴らしい活躍を見せてくれました。

1年でバルセロナに戻ると今度は、セビージャへ、そして2015年夏にエバートンに完全移籍で戻ってきました。

今回は、デウロフェウのプレースタイルやエバートンで飛躍できるのか?について語ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

デウロフェウのプレースタイル!

デウロフェウは、基本的にはサイドを突破するのが得意なウインガーです。

プレースタイルには、縦に突破するスピードもあり、クロスの精度も高いという特徴があります。

ナベ

デウロフェウは縦へ突破するときに、相手のディフェンダーを交わすテクニックやスピードがあって、みていてウインガータイプだなって思いますね。

 

タカハシ

そうだね。ステップを踏んだり、うまいフェイントがあるのも魅力があるよね。

ナベ

でも、ただ突破するだけじゃないんですよね。マージーサイドダービーをみてたら、ルカクへすごくいいクロスを出していました。無理に相手ディフェンスを抜こうとしないで早めのクロスを入れていました。

タカハシ

デウロフェウはディフェンスに対してちょっと引いたところからクロスを送るのも得意なんだよね。そういうところはセンスがあるなと思うよな。

 

タカハシ

それに運動量もあるし。いい選手なのは間違いないよ。

ナベ

ボールを持ちすぎたり、球離れが悪いというところもありますが、これから改善していけばいいですね。

 

 

スポンサードリンク

エバートンで飛躍できる?

デウロフェウは2015年にエバートンと3年契約を結びましたが、最初の2年間でバルセロナが買い戻すこともできる契約になっています。

また、バルセロナに戻ってプレーできる可能性もあります。

エバートンでの飛躍の先には、バルセロナでの将来があるともいえるでしょう。

ナベ

典型的なウインガーを置くバルセロナでは、デウロフェウのような選手は好まれていたでしょうね。

タカハシ

そうだね。カンテラ時代から将来を担う才能があったみたいだからね。しかし、バルセロナのアタッカー陣の中に割って入ることは厳しいだろう。中盤にはイニエスタのようにカンテラ出身の選手が多いのがバルセロナの特徴だけど、トップの選手にはお金をかけるからね。

ナベ

メッシはカンテラ育ちですが、別格ですよね。今のバルセロナを支えているネイマールやスアレスはお金を使っていますよね。

タカハシ

そんな中にデウロフェウが飛び込もうと思ったらスーパーな選手にならなきゃいけないよ。

ナベ

ということは今の実力だとまだ厳しかったということですね。エバートンで成長してすごい選手になる必要がありますね。そうすれば、将来バルセロナに戻ることも可能なんですね。

タカハシ

そうだよね。2013年はロベルトマルティネスがデウロフェウを上手に使っていたよね。

ナベ

エバートンってその頃レンタル移籍選手を成長させて元のクラブに返すことで評判になっていたような(笑)。

タカハシ

ルカクもそんな感じだったよね(笑)。なので、デウロフェウもまたここで飛躍してバルセロナに戻っていく可能性はあるんじゃないかな?

 

ナベ

そうなるとエバトニアンの心境は複雑でしょうね。