サッカー

サンハリブマルキのプレースタイル!実績はアジア1のFW?

サンハリブ・マルキは、オランダやベルギーでのプレー経験や実績が十分なフォワード。

現在はトルコでプレーしていますが、ヨーロッパで結果を出し続けるシリア代表フォワードは日本代表にとっても驚異になるはず。

今回は、サンハリブ・マルキのプレースタイルやヨーロッパでの実績について語ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

サンハリブ・マルキのプレースタイル!

ナベ

サンハリブマルキのプレースタイルには、得点をとる嗅覚に優れているという特徴がありますよね。

タカハシ

そうだね。キーパーがボールをもってもしっかりと追いかけて、泥臭いところもあって、それがゴールを多く決められる要因だと思うよ。

ナベ

キーパーが前にボールを蹴ろうとしてそれを体にあててゴールを奪ったシーンもありましたね。キーパーは日曜日の朝の番組で『喝っ!』っていわれそうですが・・・

タカハシ

(笑)。まあ、そこまでできるというのもゴールをいつでも狙っている意識の高さがサンハリブマルキにはあるからだろうね。キーパーが弾いたボールをゴールにするのも得意そうだし。

ナベ

日本代表のキーパーは西川だと思いますが、サンハリブマルキの動きには警戒しなきゃいけないですね。ミスから失点するとしたら、サンハリブマルキが決めていそうです。

タカハシ

それはあるかもしれないね。もしそんなことになったら悔しいだろう。しっかりとキャッチするか、ボールを弾くにしても外側に出さなきゃいけないだろう。

ナベ

ですね。常にサンハリブマルキは狙っているでしょうからね。

タカハシ

それにアシストもなかなかうまい。フリーの選手に細かいパスをだしたり、周りの動きがよく見えている気がするな。

ナベ

貪欲にゴールを狙う姿勢もあるのに、見方をうまく活かそうとする動きもあっていいですよね。

タカハシ

それから、ポストプレーもできるんだよね。

ナベ

そうですね。サンハリブマルキはヨーロッパでの経験もあるし、献身的なところもいいですよね。

タカハシ

シリア代表には、オマルハルビンという若いフォワードもいるから、うまく絡んだら日本代表にとっても驚異になりそうだ。

 

【関連記事】ロシアW杯アジア2次予選で日本が2位になったら敗退?

 

スポンサードリンク

 

ヨーロッパでの実績はアジア人で1番?

ナベ

サンハリブマルキってオランダで25得点、ベルギーで23得点もとっているのはすごいですよね。

タカハシ

この数字をみるとアジア人では一番実績があるフォワードといえそうだね。

ナベ

同じシリア代表のオマルハルビンのプレーもみてたら凄いと思いましたが、レベルがあがったらどこまで通用するか未知数だと思いました。でも、サンハリブマルキは実際にヨーロッパで結果を出しているから、日本代表相手でも力を発揮してきそうですね。

タカハシ

そうだよね。オマルハルビンが日本代表にとっては、一番警戒しなきゃいけないと思ったけど、やはり一番はサンハリブマルキじゃないかな?

ナベ

そうかもしれないですね。日本代表はこのサンハリブマルキから目を離したらいけないです。シリア代表は、日本よりもランキングが低いけど、2次予選で好調の理由が分かった気がします。

 

【関連記事】南野拓実のプレースタイル!ザルツブルクで結果を残してる?

【関連記事】オマルハルビンのプレースタイル!日本が最も警戒するFW?

 

スポンサードリンク