サッカー

ジェラールピケのプレースタイル!ブーイングはいつ止まる?

ジェラールピケは、バルセロナのセンターバックとして不動の存在になっています。

今回は、ピケのプレースタイルやブーイングについて語ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ジェラールピケのプレースタイル!

ピケのプレースタイルには、空中戦に強く、ディフェンダーながら足元の技術があって、攻撃参加にも積極的なところがあります。

20120815_DEPORTES_LA ROJA_RTZ / David Díaz Santiago

ナベ

ピケの魅力は攻撃的なところでしょうね。

タカハシ

そうだね。得点につながる正確なロングフィードがあるし、上がっていったらミドルシュートもあるからね。

ナベ

技術もしっかりしてるからピケがオーバーラップしても安心ですよね。

タカハシ

それはあるかな?プジョルがオーバーラップしたときは不安だったけど。

ナベ

バルサTVで金子達仁さんが『大丈夫か~』みたいなことをいっていたような(笑)。

タカハシ

でも、プジョルは気迫があって魂を感じるセンターバックで、俺は好きだったな。

ナベ

まあ、バルセロナで愛されていたのは間違いないですね。あの頃、バルセロナといえばメッシよりもプジョルのほうが印象的でした。

タカハシ

みている人の感情を奮い立たせるようなプレーをしていたからね。ピケもプジョルみたいにならないかな?

ナベ

ピケはプジョルとはタイプが違うような気がします・・・。でも、バルセロナに戻ってきてから長いシーズンを過ごしているし、今後もずっと移籍することはなさそうですから、プジョルのように愛される存在になれるかもしれませんね。

 

タカハシ

ピケは今ブーイングを受けたりしているけど、頑張って欲しいな。

 

スポンサードリンク

 

ブーイングはいつ鳴り止むのか?

ピケに対するブーイングはいつ止まるのでしょうか?

スペイン代表対ルクセンブルク ユーロ2016予選

スペインのログローニョで行われた試合でも、ピケはブーイングを受けていましたが、ピケを励ます声援もありました。

ブーイングはいつ止まるのかは正直分かりませんが、いつか止まることがあるだろうと思った試合でした。

ナベ

ピケはスペイン国内の代表ゲームでもボールを持つと、ブーイングがありますね。

タカハシ

そうだね。ルクセンブルク戦でも最初から最後までブーイングが鳴り止むことはなかったね。カタルーニャ独立についての発言が原因だけど、政治的で繊細な問題だしいろんな感情を持たれているんだろうね。

ナベ

でも、ピケは全面的に嫌われているという感じはしないんです。

タカハシ

というのは?

ナベ

ルクセンブルクとの試合で前半のシーンなんですが。ピケがスライディングしたときに、ルクセンブルクの選手にお腹を踏まれたような場面があったんですよ。そのときピケはお腹を抑えて痛がる表情をしていたんです。そうしたら、スタンドのお客さんから『ピケ!ピケ!』と応援する声が聞こえてきたんです。

タカハシ

あ~あのシーンね。ルクセンブルクのコーナーキックになって、ピケが守備をするときに大きな歓声になっていたよね。

ナベ

そうです。これはピケを励ましていたんじゃないでしょうか?あのタックルに対しても拍手が起こっていました。

タカハシ

そうだね。このシーンは良かったよね。いいプレーをすれば応援もするし、励ましてくれるんだよね。

ナベ

僕もそう思います。それから、試合が終わってお客さんが一人ピッチに入ってきました。そして、ピケと一緒に写真を撮っていましたね。

タカハシ

あったね。本当は良くないんだけど、なんだかあのシーンはほっとしてしまったね。

ナベ

本当にピケが嫌われていたら、こういうことは起こらないでしょうね。

タカハシ

ピケ自身はいいプレーを続けて、自然とブーイングが鳴り止むのを待つしかないと思っているのかもしれないね。

ナベ

サッカーと政治は切り離して欲しいけど、複雑な事情がありますからね。

タカハシ

そうだね。サッカーをみているとスペインもそうだけど、国の背景とかみえてくるよね。

ナベ

そんなところを理解するのも大事かなと思いました。

 

スポンサードリンク