サッカー

リバプールが2016年の冬の移籍で補強するポイントについて

クロップ監督になって公式戦3試合はすべて引き分けという結果になっています。

クロップにとってもファンにとっても早く勝利が欲しいとろこでしょうが、それとともに気になるのが冬の移籍

移籍についてはいろいろと噂が出始めている中で、どこが補強のポイントなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

2016年冬の移籍で補強するポイントについて

 

予算はあるのか?

リバプールは、今年の夏も多くのお金を選手獲得のために使い、ブレンダン・ロジャースを解任した違約金クロップと結んだ契約金などさらに出費が増えていることでしょう。

 

やはり、冬の補強予算は限られているのだろう・・・

ということは、アンディ・キャロルをニューカッスルから3500万ポンドで冬に獲得したようなことはできないのではないでしょうか。

補強のポイントは?

一応、限られた予算を前提にすると多くは望めないはずです。 そこで、リバプールを昨シーズン退団したOBのキャラガーの発言を聞いてなるほどと思いました。  

 

キャラガーは、10番タイプつまりセンターでプレーすることが得意な選手が多く、サイドが得意な選手が十分でないと言っていました。

確かに、現在のリバプールの中盤は、コウチーニョララーナミルナーなどはサイドを得意としているプレーヤーではありません。

クロップ監督になっても、この3人が中盤の2列目で起用されていることを考えてみれば、サイド攻撃は十分でないといえるでしょう。

 

コウチーニョは、左サイドでプレーすることもありますが、中でプレーするタイプ。

コウチーニョのプレースタイルについて!ミドルシュートの凄さも解説!

 

ララーナはペナルティボックス付近でプレーするほうが良さが活きます。

ララーナのプレースタイルはクロップの戦術に合うのか?

 

そして、ミルナーはセンターでプレーしたくて、マンチェスター・シティからリバプールへやってきたわけだし、本当はサイドはやりたくないでしょう。

ミルナーのプレースタイル!リバプールでの活躍はいかに?

 

口うるさいリバプールのOBの中で、ウイングタイプの選手が必要という指摘は的を得ていると思います。

 

スポンサードリンク

 

そこでこの選手はどう?

 

クロップが監督になって補強候補には、オーバメヤンギュンドアンなどの現在ドルトムントにいる選手たちの名前があがっています。

さらには、レスターのジェイミー・ヴァーディも候補の一人です。

フォワードは、怪我人が多く補強したいポイントでもありますが、ベンテケやスタリッジが帰ってくればプレミアリーグを戦う戦力としては十分だと思います。

今のところ、移籍の噂には、サイドアタッカーの名前はないですが、そのうち候補として出てくると思います。

 

そこで、ディルク・カイトはどうでしょう?

 


カイトは、かつてリバプールでサイド攻撃を得意とする選手でした。

ちなみに、35歳になったカイトは現在フェイエノールトへ戻ってプレーしていて好調のようで、バルサが狙っているという噂にもなっています。

もし、リバプールにまた戻ってくるようなことがあれば、今のリバプールにはいないタイプだけに今シーズンの戦力として期待できそうな気もしますが・・・

 

スポンサードリンク