仕事・転職

工場勤務の人間関係が不安?楽に過ごすための秘訣はコレ!

 

僕は、派遣社員として、30代半ばで、半導体工場で働くことになりました。

初めての業種で、どんな人間関係がなのか?とても不安でしたが、うまくやることができました。

今回は、人間関係を楽にする秘訣を紹介します。

スポンサードリンク

 

半導体工場には年齢、男女、学歴関係なくいろんな人がたくさんいる!!

一般的に募集されている半導体工場勤務は、入るのにあまり敷居は高くないです。

特別な技術者や管理者でもない限り、割と簡単に働くことができます。

なので、年齢層も広いし、高卒とか大卒とか関係なく、ホントにたくさんの人がいます。

 

工場と言えば、体格のいい男性が多いというのが、僕のイメージでした。

でも、半導体工場はあまり力を使わないし、体力的にもきつくないので、女性も多かったです。

男女比にすると、半々くらいじゃないでしょうか?

 

これだけの人がいたので、僕のように30代半ばで、働いている人もいました。

もちろん、年齢的に近いし、同じような境遇なので、気が合う人もいて、孤独になることはありませんでした。

普通にしていれば、気軽に話せるようになる人は、いるので安心していいと思います。

 

自分より年下でも同等に接していた!!

とはいっても、気が合いそうな人たちばかりじゃないし、数人のチームで仕事をしなきゃいけないこともあるんです。

僕が最初に入ったチームのリーダーは、20代半ばくらいの男で、作業に対して細かくてうるさかったです。

最初の印象は、あまり良くありませんでした。

 

でも、こんな状態で、年下のくせに偉そうにと反抗的になってもいいことはありません。

チームの雰囲気が悪くなると、仕事をし辛くなるし、余計な心配事を増やしてしまうことになります。

なので、できるだけ協力的な姿勢をとって過ごしていました。

 

半導体工場の仕事には、生産のノルマがあるんです。

だから、リーダーは、それを達成するためにピリピリしています。

こういうときこそ、僕は君のために頑張っているよというアピールが大事です。

 

そうすると、僕のことを信用してくれるようになるんです。

ミスをしてもカバーしてくれるようになったり。。。

仲良くしていきたいと相手から思われるようになり、精神的にもすごく楽になりました。

 

同じチームの中にも、僕よりずっと若い男もいました。

彼に対しても僕は、最初は敬語を使って話していました。

年齢が違っていても、同じ立場で接することが大事だと思っていたからです。

 

工場勤務での人間関係を楽にする秘訣は、信頼されること!

工場で働いて、避けては通れないのが、管理者との付き合いです。

一人一人の生産性まで管理してて、中にはうるさい人もいるんです。

中には、人間的にクセがある管理者もいて、嫌わている人もいましたが・・・

 

管理者にとってのプレッシャーは、やっぱり生産ノルマです。

依頼主の注文通りに、製品を作り、期日までの納品するという責任があります。

依頼主の要望に応えられなければ、仕事が与えられなくなるし、達成することに必死です。

 

なので、管理者に気に入られるようになるためには、結果を出すことです。

結果を出すことが難しいかと言えば?そんなことはありません。

作業に慣れて、効率よくやれば、達成できる数字なんです。

 

たまに、これは無理だろ~とうノルマもありましたが、こういうときに達成するとますます信頼されます。

これは、後々の仕事を楽にしていくためにも、多少無理をしてでもやっていました。

結果を出せば、管理者との関係も良好になるし、甘くみてくれるところもありますよ。

スポンサードリンク

重大なミスをしたときでも・・・

3カ月ほどしてから、僕は半のリーダーになってしまったんです。

リーダーになっても、給料が上がるわけでもなく、責任だけが増えるのでイヤでした。

でも、みんなをまとめて、真面目にノルマをこなしていました。

 

あるとき、僕が指示を間違ってしまって、製品に傷をつけて、大量の不良品を出したことがありました。

金額にして数十万円の損害を出してしまったようです(-_-;)

もちろん、めちゃくちゃ怒られました。。。

 

しかし、一度怒られただけで、何か責任を問われることもなかたんです。

あとから、改めて、管理者に個人的に謝罪をしました。

「今回のことは、大丈夫から」と許してくれていたんです。

 

重大なミスはこれだけでしたが、このときはこれまでやるべきことやっておいて良かったと思いました。

こんなことがあっても、僕への信頼は変わらなかったんです。

なので、気分的に楽だったし、人間関係で大事なのは、信頼をつくることだなって実感しました。

 

半導体工場でこんな人は人間関係に悩むと思う!!

僕は楽になりたいから、信頼されて人間関係を意図的に良くするようにしていました。

でも、嫌わていて人間関係がうまくいっていないんだろうな思う人もいました。

僕が嫌われてしまうだろな~と思うのは、以下の3人です。

① 仕事が遅い人

もちろんですが、仕事が遅い(=製品を作るノルマが達成できない)は嫌われます。

いくら一生懸命にやっていても、仕事なので結果を出さないと評価されません。

半導体工場の仕事は、マニュアルがあって、それ通りにすれば誰でもできるようになっているんです。

 

できないと、いろんな部署をたらいまわしにされます。

どこに行っても仕事が遅いので、みんなに嫌わてしまうという悪循環です。

なので、人間関係で苦労して、やめてしまうことになります。

 

② 職人気質で頑固な人!!

半導体工場は職人である必要はないんですが、なぜ仕事へのこだわりがあって、頑固な人がいます。

多少の誤差があっても、マニュアル通り、時間内に製品を完成されば、いいんです。

でも、これが分かっていなくて、結果的にノルマを守れないんですよね。

 

こんな人が、チーム内にいるとすごく嫌われます。

言われたことを素直に実行すれば、いいのに・・・

基本的にマニュアル作業が向いていない人っているんですね。

 

③ 最初から誰とも接しようとしない人

これはやばいです。

工場だから人間関係が希薄でも大丈夫だと思っている人でしょうね。

一人だけでできる作業もあって、そこに配属されればいいですが・・・

 

数人のチームで作業すると、こんな人は苦労するでしょうね。

いや、周りの人が気を使ってしまって、嫌だな~と思うようになります。

結果として、嫌わてしまいます。

 

まとめ:秘訣は信頼と実績です!

人間関係って人間性とか相性とかもあると思いますが、どこにいってもいろんな人間がいるんです。

そんな中で、人間関係を円滑にして、楽に仕事をするためには、結果を出すことです。

仕事ができる人につらくあたる人はいないし、多少は大目に見よう思われるようになります。

 

スポンサードリンク