半導体工場で働く

3勤3休のデメリットまとめ!やっぱりきつい?

3勤3休は仕事とプライベートのメリハリがあって良さそう。
でも、きついところやデメリットはないのかな?

僕は3勤3休で半導体工場で働いた経験があるのでメリットもデメリットも知っています。今回は3勤3休で働くデメリットをまとめました。

メリットについてはこちらにまとめているので気になる方はどうぞ。

≫3勤3休とは?働くメリットや気になることを経験者が詳しく解説

この記事の最後に「3勤3休の仕事を見つけるおすすめの方法」を紹介しています。専属コーディネーターによるサポート付きであなたの希望の仕事を探せます。ぜひ参考にしてください。

すぐに知りたいときはボタンをタップ↓してください。

「3勤3休の仕事を見つけるおすすめの方法」をすぐにチェックする≫

工場の仕事を探すなら「工場求人ナビ」がおすすめ

時給1,200円以上の求人が豊富
◎未経験でも長期安定で働ける
軽作業の求人が多数

【工場求人ナビで内定を獲得する3ステップ

①公式サイトにアクセスし「エリア」や「条件」で仕事をさがし応募する
「登録相談会」に参加しコーディネーターに希望を伝える
③早ければ1週間ほどで「内定」

\親身なサポートで安心して働ける/工場求人ナビ【公式サイト】をチェックする≫

※登録相談会はWEB面談OK

3勤3休についてざっくりと解説!

3勤3休は3日勤務して3日休みという勤務体系です。2交代制の工場に多いです。僕が働いて半導体工場で下のように3勤3休をしながら、日勤と夜勤を繰り返すパターンでした。

3勤3休のパターン

1日目 7:30~19:30 日勤
2日目 7:30~19:30 日勤
3日目 7:30~19:30 日勤

4日目 休み
5日目 休み
6日目 休み

7日目 19:30~7:30 夜勤
8日目 19:30~7:30 夜勤
9日目 19:30~7:30 夜勤

10日目 休み
11日目 休み
12日目 休み

1日目へ・・・・

僕は3勤3休を有効に利用して働いていましたが、やっぱりきついなと思ったときもありました。3勤3休のデメリットをまとめるとこんな感じです。

3勤3休のデメリット
  1. 一日の勤務時間が長い
  2. 稼ごうと思っても稼げない
  3. 休日出勤があるとけっこうきつい
  4. 友達と予定を合わせるのが難しい
  5. 夜勤明けの切り替えが難しい

①からを詳しく説明していきます。

【3勤3休のデメリット①】一日の勤務時間が長い

3勤3休は一日12時間勤務が基本です。もちろん、休憩時間はあります。

往復の通勤時間や準備時間をそれぞれ1時間とすると、14時間は仕事のために確保する必要があります。だから、出勤の日は仕事以外ほぼ何もできません。

例えば、日勤で19時半に仕事が終わると、着替えをして家に帰り着くのが20時半くらい。お風呂に入ってご飯を食べると22時前になって寝る時間。

翌日の7時半出勤に備えて朝6時ごろ起きて、6時半には家を出ていました。よくある8時間勤務であれば、家に帰ってドラマを見たり、本を読んだり、自分の好きなことに充てる時間があります。

しかし、3勤3休の出勤日は家に帰ってリラックス時間はほぼありません。寝るためだけに家に帰るといってもいいです。

3勤3休の仕事をする前は、節約するために弁当を作ってお昼ごはんに食べていました。でも、3勤3休になってからは時間がないので弁当作りはやめました。

ご飯は工場内にある食堂で食べていました。社員食堂なので多少は安いけど、400円から500円の出費で痛かったです。

とにかく3勤3休の出勤日は仕事以外はほぼ何もできないです。

【3勤3休のデメリット②】稼ごうと思っても稼げない

3勤3休は1日の拘束時間が長いので残業はほぼありません。だから、残業をして稼ぐことは無理です。

僕が働いていたとき、月に1,2回くらい30分~1時間残ることがありました。でも、残業すれば睡眠時間を削るしかないのできつかったです。

ちなみに、一日の仕事時間は8時間を超えますが、8時間を超えたときの割り増しなどはありません。

もちろん、ブラックだからとか法律に違反しているわけでなく、3勤3休は特殊な勤務体系だと割り切るしかありません。

3勤3休の手当てといえば、夜勤のときの深夜手当くらいです。3勤3休はがんばって稼ごうと思っても稼げる要素はあまりないです。

できるだけ基本給や時給が高い3勤3休の仕事を選ぶしかありません。

「3勤3休の仕事を見つけるおすすめの方法」をチェックする≫

工場の仕事を探すなら「工場求人ナビ」がおすすめ

時給1,200円以上の求人が豊富
◎未経験でも長期安定で働ける
軽作業の求人が多数

【工場求人ナビで内定を獲得する3ステップ

①公式サイトにアクセスし「エリア」や「条件」で仕事をさがし応募する
「登録相談会」に参加しコーディネーターに希望を伝える
③早ければ1週間ほどで「内定」

\親身なサポートで安心して働ける/工場求人ナビ【公式サイト】をチェックする≫

※登録相談会はWEB面談OK

【3勤3休のデメリット③】休日出勤があるとけっこうきつい

3勤3休は稼ごうと思っても稼げないと②で書きましたが、休日出勤をすれば稼げます。ただし、いつでも休日出勤があるわけではないし、休日出勤をすると体力的にきついです。

休日出勤すれば4勤2休になります。それでも、2連休あるから大丈夫だと考えがちですが、夜勤明けは休みが実質1日半になります。

僕も何度か4勤2休をしたことがありますが、毎日が仕事に追われている感覚で休みでも休んだ気がしなかったです。自分のやりたいこともできなくなるので、休日出勤はあまりしたくありませんでした。

僕が働いていた半導体工場では本人の希望を確認することなく、勝手にシフトを4勤2休にされることがありました。これはすごく嫌でした。

【3勤3休のデメリット④】友達と予定を合わせるのが難しい

3勤3休は6日間がワンセット。平日が休みになることもあれば、土日が休みになることもあります。

僕が働いていた半導体工場は24時間365日稼働でした。お正月休みやゴールデンウイーク、お盆休みなどの特別な休みはありませんでした。

3勤3休のシフト通りの休みが繰り返しあるだけです。土日休みの友達や年末に帰省する友達の都合に合わせることはなかなかできません。

たまたまタイミングが合えば、会えるという具合なので、友達や家族の予定に合わせるのは難しいです。

「3勤3休の仕事を見つけるおすすめの方法」をチェックする≫

工場の仕事を探すなら「工場求人ナビ」がおすすめ

時給1,200円以上の求人が豊富
◎未経験でも長期安定で働ける
軽作業の求人が多数

【工場求人ナビで内定を獲得する3ステップ

①公式サイトにアクセスし「エリア」や「条件」で仕事をさがし応募する
「登録相談会」に参加しコーディネーターに希望を伝える
③早ければ1週間ほどで「内定」

\親身なサポートで安心して働ける/工場求人ナビ【公式サイト】をチェックする≫

※登録相談会はWEB面談OK

【3勤3休のデメリット⑤】夜勤明けの切り替えが難しい

3勤3休には夜勤があるから、3日連続の夜勤が終わって昼間のリズムに戻すのは難しいです。

慣れない頃は、日常のリズムを戻すだけで3日間の休みが終わってしまったことあります。夜勤明けの調整が狂ってしまうと3日間の休みを有効に生かせません。

「夜勤明けは寝ずに日常生活に戻る」、「夜勤明けもしっかり寝て夕方起きる」などいろいろと試してみました。

結果的に、夜勤明けは数時間仮眠をして昼過ぎに起きるようにしました。多少眠いですが午後から時間を使えるし、夜はしっかり眠れました。

翌日からの2日間はしっかりと自分の時間に使えました。3勤3休は夜勤明けから昼間のリズムの切り替えはとても大事です。

【結論】3勤3休はきついのか?

肉体労働のように体力を思いっきり消耗するようなきつさではありませんが、3勤3休は正直言ってきついです。

3勤3休が特にきついのは生活リズムが、普通の働き方と違うことです。朝9時~18時まで勤務して土日祝は休みは望めません。

休憩はあるものの「12時間勤務」で「日勤と夜勤の繰り返し」は慣れるまでは、きついと感じるでしょう。

3勤3休の勤務の日は、家に帰ったらご飯食べて寝るだけで終わりです。テレビや映画を観たり趣味を楽しむ時間はありません。

だから、次のような方は3勤3休には向いていないと思います。

1年中同じ生活リズムで過ごしたい。
仕事が終わったあとは趣味を楽しみたい。
夜勤が3日も続くのは不安。
土日休みの友達と遊びたい。
1日12時間も工場にいるのはつらそう

こんなことを感じていたら3勤3休で働くのは厳しいかもしれないです。

逆にこんなデメリットだったら「大丈夫そうだ」と思ったら3勤3休で働くのもありだと思います。まとまった時間で副業をするメリットなどもあるので頑張ってみてください。

≫3勤3休とは?働くメリットや気になることを経験者が詳しく解説

【サポート付】3勤3休の仕事を見つけるおすすめの方法

3勤3休の仕事を見つけるおすすめの方法※画像はイメージです。

「これくらのデメリットだったら3勤3休で働けるかもしれない。ただ、本当に自分にできるか少し不安。働く前に相談して決められればいいんだが…」

3勤3休の仕組みを頭では分かっていても、実際に働けるかは少し心配な面もありますよね。僕が働いていたときも3勤3休のリズムに慣れずに、後悔している人がいました。

不安なく3勤3休で働くには?

そこで、初めて3勤3休で働きたいと思っているあなたでも安心して仕事を見つける方法があります。それは、製造業のことを熟知したコーディネーターがいる求人紹介サービスを利用することです。

コーディネーターに事前に相談することができるので、工場に入ってから「こんなはずではなかった」「失敗したかも」という事態を防ぐことが可能です。

コーディネーターによるサポートがあるのは「工場求人ナビ」です。工場求人ナビを運営しえいるのは「優良派遣事業者」にも認定されている「日総工産株式会社」。

  • コーディネーターによるサポートでミスマッチを防げる
  • 職場の悩み等を相談できるスタッフホットラインがある
  • 即生活できる寮や備品も用意してくれる
  • 福利厚生も充実しており旅行や飲食店などのクーポン券が手に入る

サポートが充実している製造業系求人サービス会社No.1」という実績もあります。だから、あなたも安心して3勤3休の仕事を探せるでしょう。

※出典:工場求人ナビ公式サイト

例えば、工場求人ナビにはこのような3勤3休の求人があります。

◎小型部品製造の軽作業|時給1,650円|寮費無料

◎製品の組立及び検査|月給178,000円|正社員・寮費無料

◎電子部品の加工など|時給1,500円|日勤・寮費無料
◎半導体製造の機会オペレーター業務|時給1,350円|寮費無料

◎プリンター製品の組立・検査|時給1,250円|寮費無料これらは一例なのでタイミングによってはすでに募集が終わっている可能性があります。現在募集している求人は工場求人ナビで確かめてみて下さい。

≫工場求人ナビで求人情報をチェックする

工場求人ナビを利用した方の声

  • 希望の業務を紹介してもらえる。
  • 面接に行った際、他社と比べて、仕事内容の説明も丁寧で分かりやすく、条件も自分に合っていた。
  • 赴任までの対応が早くて、すごくありがたかったです。
  • 求職活動中は「収入」と「入社までのスピード」も重要視していたのですが、日総は合否がめちゃくちゃ早く、当日に内定を貰いました。
  • 自分の人間性をしっかり知ろうとしてくれる姿勢に日総工産の魅力を感じました。

≫工場求人ナビで求人情報をチェックする

簡単に工場求人ナビを利用する3ステップ

工場求人ナビで実際に求人を探すところからはじめましょう。いろいろな探し方がありますが、ここでは半導体工場関連の仕事を例に説明します。ちなみに、3勤3休は半導体工場に多い勤務体系です。

ステップ1

スマホで工場求人ナビにアクセスするとこのような画面が登場します。ここで「条件・キーワード」の項目をタップします。

ステップ2

「業種・職種」を指定し、次の画面で「半導体」を選びます。

ステップ3

条件に合う仕事○○件を検索する」をタップすると半導体関連の仕事を見つけられます。

あなたの希望の仕事があればそのまま応募してください。人気の仕事は早めに応募終了可能性が高いので、すぐに応募するのがいいです。ただし、応募しても必ずそこで働くというわけではありませんので安心してください。

と言うのは、応募したら「登録会」があり、ここで詳しい条件や入社までの流れなどを確認できるからです。とりあえず、気になったら応募して登録会で詳しく話を聞くのがいいですよ。

もし、希望の仕事がなかったら先に登録会に参加しておくのも良いです。専属コーディネーターに3勤3休など希望の条件を伝えておけば、後から紹介してもらえる場合があります。

≫工場求人ナビで求人情報をチェックする

登録会は「WEB面接」もあるので自宅にいながら専属コーディネーターに相談可能です。応募後の流れは次の動画でチェックしましょう。3分ほどで必要なことが分かりますよ。

工場求人ナビでは登録会で「そもそもなぜ3勤3休で働きたいのか」という素直な気持ちを専属コーディネーターに伝えることが大切です。

仮に、3勤3休でなくてもあなたのプライベートを確保できるような求人の提案をしてくれるでしょう。「日勤で5勤2休」「土日休み」「残業少な目」などです。

プライベートを確保できれば、休日に旅行に行ったり、好きなアーティストのライブに行ったりと好きなことができるようになります。

休みの日に楽しく過ごせるようになれば仕事をするモチベーションも上がります。工場求人ナビを使えば、あなたの人生が充実するような仕事をみつけることができるでしょう。

≫工場求人ナビで求人情報をチェックする