半導体工場で働く

3勤3休のデメリットまとめ!やっぱりきつい?

3勤3休は仕事とプライベートのメリハリがあって良さそう。
でも、きついところやデメリットはないのかな?

僕は3勤3休で半導体工場で働いた経験があるのでメリットもデメリットも知っています。

3勤3休とは?働くメリットや気になることを経験者が詳しく解説!工場で働いてみようと思って、求人を探していると、まず最初に気になるのが勤務体系ですよね? 工場の求人票には、勤務体制が「3勤3休」...

今回は3勤3休で働くデメリットをまとめました。

3勤3休できついところやデメリット

3勤3休は3日勤務して3日休みという勤務体系です。2交代制の工場に多いです。僕が働いて半導体工場で下のように3勤3休をしながら、日勤と夜勤を繰り返すパターンでした。

3勤3休のパターン

1日目 7:30~19:30 日勤
2日目 7:30~19:30 日勤
3日目 7:30~19:30 日勤

4日目 休み
5日目 休み
6日目 休み

7日目 19:30~7:30 夜勤
8日目 19:30~7:30 夜勤
9日目 19:30~7:30 夜勤

10日目 休み
11日目 休み
12日目 休み

1日目へ・・・・

僕は3勤3休を有効に利用して働いていましたが、やっぱりきついなと思ったときもありました。3勤3休のデメリットをまとめるとこんな感じです。

3勤3休のデメリット
  1. 一日の勤務時間が長い
  2. 稼ごうと思っても稼げない
  3. 休日出勤があるとけっこうきつい
  4. 友達と予定を合わせるのが難しい
  5. 夜勤明けの切り替えが難しい

①からを詳しく説明していきます。

①一日の勤務時間が長い

3勤3休は一日12時間勤務が基本です。もちろん、休憩時間はあります。

往復の通勤時間や準備時間をそれぞれ1時間とすると、14時間は仕事のために確保する必要があります。だから、出勤の日は仕事以外ほぼ何もできません。

例えば、日勤で19時半に仕事が終わると、着替えをして家に帰り着くのが20時半くらい。お風呂に入ってご飯を食べると22時前になって寝る時間。

翌日の7時半出勤に備えて朝6時ごろ起きて、6時半には家を出ていました。よくある8時間勤務であれば、家に帰ってドラマを見たり、本を読んだり、自分の好きなことに充てる時間があります。

しかし、3勤3休の出勤日は家に帰ってリラックス時間はほぼありません。寝るためだけに家に帰るといってもいいです。

3勤3休の仕事をする前は、節約するために弁当を作ってお昼ごはんに食べていました。でも、3勤3休になってからは時間がないので弁当作りはやめました。

ご飯は工場内にある食堂で食べていました。社員食堂なので多少は安いけど、400円から500円の出費で痛かったです。

とにかく3勤3休の出勤日は仕事以外はほぼ何もできないです。

②稼ごうと思っても稼げない

3勤3休は1日の拘束時間が長いので残業はほぼありません。だから、残業をして稼ぐことは無理です。

僕が働いていたとき、月に1,2回くらい30分~1時間残ることがありました。でも、残業すれば睡眠時間を削るしかないのできつかったです。

ちなみに、一日の仕事時間は8時間を超えますが、8時間を超えたときの割り増しなどはありません。

もちろん、ブラックだからとか法律に違反しているわけでなく、3勤3休は特殊な勤務体系だと割り切るしかありません。

3勤3休の手当てといえば、夜勤のときの深夜手当くらいです。3勤3休はがんばって稼ごうと思っても稼げる要素はあまりないです。

できるだけ基本給や時給が高い3勤3休の仕事を選ぶしかありません。

③休日出勤があるとけっこうきつい

3勤3休は稼ごうと思っても稼げないと②で書きましたが、休日出勤をすれば稼げます。ただし、いつでも休日出勤があるわけではないし、休日出勤をすると体力的にきついです。

休日出勤すれば4勤2休になります。それでも、2連休あるから大丈夫だと考えがちですが、夜勤明けは休みが実質1日半になります。

僕も何度か4勤2休をしたことがありますが、毎日が仕事に追われている感覚で休みでも休んだ気がしなかったです。自分のやりたいこともできなくなるので、休日出勤はあまりしたくありませんでした。

僕が働いていた半導体工場では本人の希望を確認することなく、勝手にシフトを4勤2休にされることがありました。これはすごく嫌でした。

④友達と予定を合わせるのが難しい

3勤3休は6日間がワンセット。平日が休みになることもあれば、土日が休みになることもあります。

僕が働いていた半導体工場は24時間365日稼働でした。お正月休みやゴールデンウイーク、お盆休みなどの特別な休みはありませんでした。

3勤3休のシフト通りの休みが繰り返しあるだけです。土日休みの友達や年末に帰省する友達の都合に合わせることはなかなかできません。

たまたまタイミングが合えば、会えるという具合なので、友達や家族の予定に合わせるのは難しいです。

⑤夜勤明けの切り替えが難しい

3勤3休には夜勤があるから、3日連続の夜勤が終わって昼間のリズムに戻すのは難しいです。

慣れない頃は、日常のリズムを戻すだけで3日間の休みが終わってしまったことあります。夜勤明けの調整が狂ってしまうと3日間の休みを有効に生かせません。

「夜勤明けは寝ずに日常生活に戻る」、「夜勤明けもしっかり寝て夕方起きる」などいろいろと試してみました。

結果的に、夜勤明けは数時間仮眠をして昼過ぎに起きるようにしました。多少眠いですが午後から時間を使えるし、夜はしっかり眠れました。

翌日からの2日間はしっかりと自分の時間に使えました。3勤3休は夜勤明けから昼間のリズムの切り替えはとても大事です。

3勤3休で月の半分は休み…
でも、デメリットもあるんだね。
他の仕事も考えてみようかな?

単純作業ばかりで今の仕事に閉塞感を持っている人へ

ITエンジニアを目指しませんか?

ITエンジニアのメリット
  1. 未経験から転職できる
  2. キャリアアップできる
  3. 将来自由な働き方ができる

未経験からITエンジニアへ【無料】プロのカウンセリングを受けてみる>>営業電話や無理な営業はないので安心です!

ITエンジニアで自由な働き方を目指してみない?

もしこれを読んでいるあなたが20代だったら「ITエンジニア」を目指すことをおすすめします。ITエンジニアと言っても「SE」「プログラマー」「ゲーム開発」など様々な職種があります。

エンジニアとしての技術を身に付ければ、将来はフリーランスとして独立も目指すことができるようになります。会社に縛られず自由な働き方できるフリーランスはストレスがありません。

自由な生き方をしたいのであればフリーランスを目指そう!

最近「俺エンジニアとしてフリーランスになったから結構自由」と言っているCMをみたことがないですか?

今は技術を身に付ければ自由に働ける時代です。別に会社に勤務して働く必要はありません。朝起きてすぐに自宅で仕事をすることも可能です。

ちょっと疲れたら外にでて散歩をして気分転換したり、少し早めに仕事と切り上げて明るいうちからお酒を飲んだりできます。

僕もWEBライターとしてフリーランスをやっているので、こんな感じで日常を過ごしています。

20代はITエンジニアからフリーランスを目指すのがおすすめ

僕は30代後半からでブログを書いたりやWebライターをすることで比較的自由に生きています。しかし、20代や30代前半であれば、ITエンジニアを目指す方がいいです。

ITエンジニアは職種も豊富だし確実に技術が身に着けられるからです。しかも、エンジニアはこれからの時代不足すると言われています。

経済産業省の試算では2030年までに40万人から79万人ほどの人材不足になるそうです。だから、今のうちにITエンジニアになれば将来が明るいと言えますね。

現在40代半ば僕は、これからも細々とWEBライタ―を続けていきますが、もし20代だったらITエンジニアを目指していたと思います。

僕の20代のころはITエンジニアなんて知らなかったし、フリーランスという生き方もしりませんでんした。

今は、多種多様の働き方があって、若い人の選択肢は確実に増えているからうらやましいです。

今は未経験からITエンジニアになることができる

いきなりITエンジニアとして独立して仕事を始めることは難しいです。しかし、今はITエンジニアになるためのサポート体制が整っています。

  1. 未経験からITエンジニアとしての技術を習得する
  2. ITエンジニアとしてIT企業に転職
  3. IT企業で働きながら経験を積む
  4. 独立してフリーランスに

一人では無理ですが、ちゃんとすればこのようなステップを踏んで将来をイメージすることが可能です。

未経験から独立を目指せるのは夢があるよね?でもITエンジニアなんてできるのかな?

ITエンジニアを目指す前に無料カウンセリングを受けてみよう

ITエンジニアをおすすめしていますが、誰にでも向いているわけではありません。将来の選択肢の一つとして考えてみましょう。

しかし、この段階で向き不向きを判断するのは早いです。そこで、プロのカウンセリングを受けてみて確かめるのが早いです。

カウンセリングの例として、最短3か月でエンジニア転職を目指せる「DMM WEBCAMP」というプログラミングスクールがあります。

「DMM WEBCAMP」では、

  • 「未経験からエンジニアを目指したい方」
  • 「将来のキャリアに不安を感じる方」
  • 「最短で正社員として転職したい方」

このような方向けに無料カウンセリングを実施中です。元警察官や元ラーメン屋など様々な職種の方ががITエンジニアとして転職した実績があります。

プログラミングスクールでありながら転職職のサポートまでしてくれるスクールです。一度カウンセリングを受けてみれば、あなたがITエンジニアとしてやっていけるかどうかかが分かるはずですよ。

転職成功率98%※2021年1月時点【無料】プロのカウンセリングを受けてみる>>営業電話や無理な営業はないので安心です!