派遣の仕事

工場の単純作業がつらそうで不安?乗り切るため方法を紹介!!

 

「機械になったつもりでやってください!!」

これは、半導体工場の単純作業について、研修のときに言われたことでした。

って、こんなことアドバイスされても、私は人間なんだよ~!!

 

雇ってる奴らは、機械の代わりくらいにしか思っていないんだなというのが率直な気持ち!!

当時、仕事がなかった私は、仕方なく半導体工場の単純作業をやることに・・・

 

1年後に派遣切りで、辞めてしまったけど、単純作業は克服できていました。

別に機械になったわけじゃないですよ!!

今回は、「工場勤務の単純作業を克服する方法」について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

工場の単純作業は慣れてくれば、時間が過ぎるのが遅く感じられる・・・

 

工場の仕事といえば、ラインに乗った製品が流れてきて、作業をするイメージ。。。

ですが、私が働いていた半導体工場では、親指の先くらいの細かい部品を扱っていました。

製品を作る工程は、細かく分かれているので、すぐに覚えることができました。

 

ただ、あまりにも細かいために、数ミリ単位での作業が求められました。

顕微鏡みたなものを使って、できた製品に不良品がないかチェックされるんです。

慣れてくれば感覚的に、分かるようになるけど、最初は大変でした。

 

でも、慣れてくるとあまりに単純作業で、それが苦痛になってきたんです。

基本的な労働時間は、1日12時間で、ずっと同じ作業の繰り返し。。。

ホントに、飽きてきますし、時間が経つのが遅いこと。

 

立ち仕事ではなく、椅子に座って、机の上に大量の部品を用意してつくっていきました。

なので、指先と腕は疲れてくるんですが、足腰に負担はありませんでした。

ひたすら腕と指を使うだけの作業が続きました。

 

このままだと、精神的におかしくなってしまうんじゃないかと思いました。

そこで、この単純作業をなんとか克服しなきゃ、これは続かないと思ったわけです。

私が実践してみた方法は・・・

 

体だけを動かして、頭では楽しいことを妄想する!!

 

 

最初は、頭の中は無にして、ただひたすら何も考えずにやっていたんです。

時計を見れば、時間が過ぎるのが遅く感じて、嫌になるので、見ないようにしていました。

でも、慣れてくると作った製品の数でだんだんと時間が分かってくるんですね。

 

100個作れたら、1時間くらいとか・・・

何も考えないようにしていも、作った数を意識してしまって。。。

嫌になってきました。

 

そこで、逆に体だけを動かして、

頭の中は楽しいことを想像いや妄想してみたんです。

まあたくさん作れば、頭を使わなくても、体が勝手に覚えていて、作ってくれますからね(笑)

 

何を妄想するかというと、私は旅が好きなので、旅行のプランを立ててみたり。。。

そして一番効果的だったのが、漫画や小説の続きを想像することでした。

映画やドラマのことでももちろんいいですよ!!

 

なので、私は仕事の前日に中途半端に、小説を読んでいました。

一番いいところ、続きが気になるところで読むのを止めておくんです。

そして、単純作業をしながら続きをあれやこれやと考えてみる。

 

これは、けっこう楽しかったですよ( ´∀` )

休憩時間に答え合わせをして、また中途半端ところまで読んで、作業に戻る。

こんなことをやっていました。

 

もう一つの楽しみは、頭の中で好きな音楽をリピートすることでした。

音楽のリズムに合わせて、手だけを動かして、作業する。

これで、単純作業を乗り切ったこともあったんですよね。

 

単純作業なので、覚えてしまいさえすれば、体は勝手に動いていきます。

そして、頭の中は自由にできるようになってしまうんです。

あとは、想像力や妄想力を働かせて、単純作業を乗り切ってしまいましょう!!

 

スポンサードリンク

 

それでも、単純作業に耐えられるか不安?

 

正直言って、工場の単純作業に耐える方法といえば、これくらいしかありません。

中には、作業のスピードを競って、早くできた方が、ジュースをおごってもらうとか・・・

こんなことをやってる人たちもいました。

 

それから、一時間あたりの生産のノルマなどが、管理されていることもありました。

生産性の向上があって、ダラダラとやれるわけじゃないんです。

なので、作業になれないと時間に追われて、飽きるなんて気持ちは、無くなることも。。。

 

スキル変更で、リフレッシュできる!?

 

実は、単純作業とはいっても、ずっと同じことを何カ月もやるわけじゃないんです。

私が働いていた半導体工場では、慣れてくると別の作業をさせられました。

そのたびに、新しいスキルを覚えなきゃいけなかったんです。

 

ずっと同じことをやっていたわけじゃないので、新しい作業になるたびに、新鮮な気持ちになれます。

基本的には、数人のチーム(班)でやる作業だったから、メンバーの入れ替わりにもあるし。。。

はなしをしながら、作業することもありました。

 

結果的に、派遣切りで1年くらいで辞めることになりましたが。。。

最後の4か月間は、すごく楽でした。

一緒にチームになったメンバーの人たちが面白かったんですよね。

 

半導体工場の仕事には、1日の生産個数が決まっていました。

早く終わらせて、定時まで休憩時間にしようと頑張っていました。

なので、意外と休憩時間が多かったので、作業は楽だったというのが、正直な気持ちでした。

 

 

まとめ

 

工場の仕事なんて、単純作業に飽きてしまって、気がおかしくなりそう・・・

最初は、そう思っていましたが、意外と平気じゃんと思えるようになっていました。

すべての工場が、私のような現場かわかりませんが。。。

 

小さな楽しみを見つけるのが、工場の単純作業を乗り切るコツだと思います。

たしかに、同じことを毎日にやっていたら、絶対に飽きてしまいます。

でも、適度に休憩をとったりできるし、休みの多くリフレッシュできたました。

 

そして、単純作業に耐える想像力と妄想力は鍛えられますよ(笑)

いろいろと不安もあるかと思いますが、とりあえずやってみれば、あなたに合っているかもしれません。

多分、最初に抱いているイメージが覆ること間違いなしです。。。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

保険見直しで月額いくら節約できると思いますか?